Zorin OSで古いパソコン再生!Vista世代に最適なLinux

Zorin OSというUbuntuベースのLinuxディストリビューションがあります。

初めてLinuxを体験する人には、このZorin OSが最適なんじゃないかなあ?
と思うほど、違和感なくLinuxに入っていけるのではないでしょうか?

特にサポート間近なWindows Vistaが入っているパソコンの再活用方法として、かなりのオススメのLinuxディストリビューションです。

スポンサーリンク

そもそもZorin OSとはなんぞや?

Zorin OSは、Linuxのディストリビューションの中で、使いやすさ、安定感などで、名実ともに人気ナンバー1である、Linuxの王様とも言える「Ubuntu」を元に作られていて、誰でも無料で使うことが出来ます。

近年は、「Linux Mint」に人気ナンバー1の座を明け渡していますが。 とはいえ、そのLinux Mintも「Ubuntu」ベースのOSです。

そのZorin OSの開発コンセプトは、ズバリ!

Windowsユーザーが、違和感なくLinuxに移行出来るディストリビューション

を目指して開発されたOSなんです。

なので、インストールしたときから、非常に「Windowsライク」なUI(ユーザーインターフェース)を纏っています。

つまり、Windowsにかなり似ている「見た目」になっていて、初めてLinuxに触れる人にも、操作に迷うことなく、違和感なくLinuxに入り込めるようになっています。

こんな感じで、実際に古いパソコンにインストールしたのですが、本当にWindowsユーザーでも違和感がないどころか、パソコン自体が生まれ変わったかのような快適さを体感しました。

その上で、最初から高機能なソフトがインストール済みで、さらには、「Windows用のソフト」が動くかもしれないアプリケーションの「Wine」までもインストールされているんですから、どれだけWindowsユーザーを意識してるんだ!というぐらいに親切です。

そんなZorin OS、いくつか種類があるので、そのへんも見て行きましょう。

どのZorin OSをインストールしたらいいの?

Zorin OSは、大きく分けて2種類のバージョンがあります。

icon-check3-oZorin OS Core

icon-check3-gZorin OS Lite

この2種類に大別されます。

通常のバージョンが「Core」の方で、動作が軽い軽量版が「Lite」の方です。

まあ、名前どおりですね。

また、「Core」の方は、それぞれ「32bit」「64bit」の2つがあります。

こうなってくると、「どのバージョンをインストールすればいいんだ?」となるかもしれません。

これに関しては、使っているパソコンのスペックによって決まってくると思います。

私の考えでは、大まかに分けると、

icon-check3-gCPU シングルコア  メモリ 1GB  Windows XP世代のパソコン

は、Zorin OS Liteを。

icon-check3-oCPU デュアルコア  メモリ 2GB  Windows Vista世代のパソコン

は、Zorin OS Coreを。

さらに、CPUが64bit対応で、メモリにさらに余裕があって、「Google Chrome」が使いたいなら、
「Core」の中でも「64bit」を選ぶ。

こんな感じでいいと思いますよ。

ちなみにメモリ4GB以上のパソコンは、「32bitでは3GB以上のメモリを認識しない」という見解があるので、64bitじゃなければ意味がない!と思われるかもしれませんが、Linuxでは32bitでも、普通に4GBのメモリを認識します。

さらにバージョンの違いについて

スポンサーリンク

Zorin OSには、名称のあとに、さらに数字が入っています。

「Zorin OS 9」や「Zorin OS 10」などのように、数字がついていますが、これは数字がおおきくなるにつれて、新しいバージョンということになります。

現在の最新版はZorin OS 11です。

→ついにZorin OSの最新版の「Zorin OS 12」が出ました。

当然、最新のバージョンがいい!と思うかもしれませんが、必ずしもそうではありません。

Zorin OSは、さきほども言いましたが、「Ubuntu」を元に開発されています。

現在出回っているバージョンを見ると、

icon-check3-rZorin OS 9 (Ubuntu 14.04LTSベース、サポートは2019年4月まで)

icon-check3-rZorin OS 10 (Ubuntu15.04ベース、サポートはすでに終了)

icon-check3-rZorin OS 11 (Ubuntu15.10ベース、サポートは2016年7月まで)

と、このようにZorin OS 9の方が、サポート期間が長いんです。

Windows Vistaが入ったPCを再活用しようと、Zorin OSを入れたのに、最新版の「11」を入れてしまうと、Vistaのサポート期間の2017年4月よりも早くサポートが終了してしまうという状態になってしまうので、ご注意を!

このUbuntu特有のサポート期間については、こちらをどうぞ。

なので、現時点では、間違いなく「Zorin OS 9」をインストールすべきです。

この後登場するだろうZorin OS 12に期待!

2016年5月現在での、「UbuntuのLTSベース」(サポート期間が5年間)のZorin OSは、「Zorin OS 9」です。

これでも、サポート期間は2019年4月までなので、Windows Vistaが入っているパソコンの活用には、もってこいです。

ただ、Ubuntuの最新LTS版である、「Ubuntu16.04」が先日、4月21日にリリースされました。

こうなると、当然、Ubuntuをベースに開発されているZorin OSも、それをベースとした最新のLTS版である「Zorin OS 12」が登場するのは時間の問題ですね。

今から「Zorin OS」の導入を考えている人は、もう少しだけ待って、「Zorin OS 12」がリリースされてからにするのも一つの手ではあります。

ただし、新たなバージョンのOSというのは、リリース直後は、様々な不具合を抱えている可能性もあるので、安定して使えるようになるには、さらにしばらく待たなければならないかもしれません。

そのあたりが悩みどころではありますね。

私としては、「Zorin OS 12」になることで、さらにパソコンの「必要スペック」(OSを動作させるのに必要なスペック)が上がることが予想されるのと、

登場してからだいぶ経ち、かなり安定して使えることから、「Zorin OS 9」をとりあえずインストールしてみることをオススメします!

【追記】
ようやくリリースされたZorin OS 12 Coreについてはこちら↓

スポンサーリンク

“Zorin OSで古いパソコン再生!Vista世代に最適なLinux” への2件のフィードバック

  1. 暇人 より:

    LINUX結局何がいいののですか?
    古いpcにセキュリティ➕ librooffice➕you hone
    はpuppyは古いですか
    一杯出てきて何を選んだらと困ってます
    Ubuntuは重いパソんですが

    • じゅんぼう より:

      コメントありがとうございます。
      確かにLinuxは種類が豊富で迷ってしまいますね。
      私個人的なオススメは、使いやすい「Ubuntu系」のもの
      (Zorin OSやVoyager Linux、Basixなど)が、いいとは思います。

      とはいえ、お使いのPCのスペックや見た目の好みもありますので、
      一概には言えませんね。
      実際に「試して」みて、決められてはどうでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です