Ubuntu16.04の64bitで「Wine」を入れてみた!苦悩の果てに見出したもの

先日、Ubuntu16.04の軽量版「Basix3.0」の64bit版をジャンクデスクトップに新規インストールをして、各種カスタマイズを施し、満足して使っていました。

ここでいよいよ「Wine」を動かそうと思い、インストールしてみたのですが、、、、。

64bitのUbuntu系で「Wine」を動かすための苦悩に満ちた「戦い」の一部始終をご覧ください。

スポンサーリンク

そもそもWineとはなんぞや?

Wineとは、MacやLinuxにおいて、

豊富なWindows用のソフトを動かそうじゃないの!

というプロジェクトで、すべてのソフトの動作を保証するわけではないが、結構動くものもあるよ、というものです。

私も実際に以前、Ubuntu14.04系のディストリビューションの32bit版で、Wineをインストールして、動かしたかったWindows用のソフトを見事に動かすことが出来ていました。

やり方についてはこちら。

で、ここでも書いていますが、まず、「Wine」の基本的な知識として、「Wineは32bit機で動かす」というのが定説です。

というのも、Wineで動かせるソフトは、最新のソフトよりも結構古いソフトが多く、そうなると、最近64bitにかなり以降しつつあるWindowsアプリへの対応は、まだまだ時間が掛かるからなんでしょうね。

また、Windowsアプリを動かすのに必須な「.NET Framework」というプログラムが64bit版のWineでは動かなかったりするようです。

ということなので、これまでは、別に理由がなければ32bitのUbuntuで良かったのですが、そうもいかなくなってしまいました。

なぜなら私は、Linux環境でもブラウザは「Chrome」を使っているのですが、2016年3月にGoogleはLinux版Chromeの32bit版のサポートを打ち切ってしまったからです。

「64bitのUbuntuでもWineは使う方法はないのだろうか?」

と思い、調べると、、、、。

結構あるもんですね。

64bitのUbuntu系でWineを動かしてみる

要するにこういうことらしいです。

64bitのLinuxにWineをインストールすると、64bit版のWineが自動でインストールされます。

そのままWineを起動すると、ほとんどのWindowsアプリが動かないので、Wineを起動する前に、

export WINEARCH=win32 winecfg

と、コマンドを打ち込んで、32bit版のWineとして起動すればいいそうです。

もし、すでに起動してしまっていたら、

rm -r ~/.wine

と、コマンドを打てば、Wineがリセットされるから大丈夫!だそうです。

へえ!これなら簡単じゃないか!

と喜び勇んでトライしてみました。

「抜け道のない迷路」に迷い込むともしらずに、、、、。

何度やっても出来ませんがな!!

もうね、ダメです。何度やっても出来ません。

まずWineでWindowsアプリを動かすには「.NET Framework 4」が必要なんですが、

Screenshot from 2016-08-11 11-13-13

「こいつはな、64bitじゃインストールできねえぜ?」

などと言われてしまって、インストール出来ません。

さきほどのコマンド打ってもダメでした。

じゃ、違うコマンドならいいんじゃね?ってことで調べると、、、

WINEARCH=win32 WINEPREFIX=~/.wine winecfg

これもいいらしい。

なんかあんまり変わらない気がするものの、ダメモトでやってみると、、、、。

Screenshot from 2016-08-08 06-52-25

おや?

なんか表示が違うぞ?

Screenshot from 2016-08-08 06-40-55

お?

Screenshot from 2016-08-08 06-41-32

おおー!!

出来た!やったぜ!!

ついに「.NET Framework 4」のインストールに成功しました。

ソフトを起ちあげてみると、、、。

スポンサーリンク

早る気持ちを抑えながら、Windowsアプリを起ちあげてみると、、、、。

「あれ?エラーじゃん。」

Ubuntu14.04のときは、これで上手くいったものの、何故かエラーが出て起動しませんでした。

Wineのバージョンが関係しているのかと思い、Ubuntu14.04のときに上手くいったWine1.7を試そうにも、Ubuntu16.04にはもうありませんでした。

仕方がないので、Wine1.4、Wine1.6、Wine1.8で試したのですが、やはりダメでした。

こうなりゃ最後の手段!!

「わかったよ、Wineさん、32bitなら問題ないってことだろ?」

ここまでかなりの時間を費やしていて、どうしてもWineを動かしたくなって意固地になっていた私は、ついに最期の手段に打って出ましたよ。

OSの再インストール

そう、ここまで築き上げた環境を全て削除し、イチから今度は「Basix3.0」の32bit版をインストールしました。

「これで文句はないはずだよな?Wineさん。」

と、ぶつくさ言いながら、手慣れた手順で「Wine」をインストールしていく私。

Wineの準備を整え、Windowsアプリを起動したところ、、、、。

「エラー」

、、、、、。

 

、、、、、、、、、、、。

 

体力の限界!!

先日、惜しまれつつこの世を去った、昭和の大横綱〜千代の富士関(九重親方)が現役引退のときに発した最後の言葉が頭をよぎり、

もうWineはあきらめよう、そう固く決心した真夏の日の出来事でした。

まとめ

いや、そもそも何でもLinuxでやろうとするからいけないんです。

冷静に考えれば、ウチにも当然Windowsもあるんだから、Windows用のソフトはWindowsで動かせばいいんです。

確か、自分でもブログでそう言っていた気がします。

というわけで、己の力量不足に嘆きつつ、

Windowsのソフトは、Windowsで動かせばいい。

ということを再認識した次第です。
すいません、結局「Ubuntu16.04でWineを動かす」のは断念しました。

で、このあと最後の力を振り絞り、結局再再度「Basix3.0」の64bit版に戻しました。

だって「Chrome」が使いたいんだもん。

スポンサーリンク

“Ubuntu16.04の64bitで「Wine」を入れてみた!苦悩の果てに見出したもの” への2件のフィードバック

  1. mm より:

    読ませていただきました。ありがとうございました。
    わたしも、
    ubunntu16LTSに
    WINE1.6.2を入れ、
    Line(リナックス版2.27.1)
    を入れて動かそうとしましたが、ダメでした。
    (一晩、がんばったのけど・・・)

  2. じゅんぼう より:

    コメント、ありがとうございます。
    Wineはやり始めると、本当にドツボにハマりますね。

    結局、Wineは最新の「WineHQ」(https://wiki.winehq.org/Ubuntu)をインストールして、その後にもいろいろやると自分が動かしたいソフトは動かすことは出来ました。

    が、その「いろいろ」の部分が上手くいったりいかなかったりで、法則性が未だ掴めず、といったところですね。
    とにかく「.NET Framework 4」が動くかどうか?が成功の鍵でしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です