FMV-C8240にLinuxを入れてみよう〜準備編2・BIOS設定〜

FNV-C8240にLinuxを入れるための準備その2です。

前回ダウンロードしてCD-Rに焼いたLinuxOSを

パソコンにインストールするためには、

パソコン側で設定をしなければなりません。

とは言ってもメチャクチャ簡単ですよ。

スポンサーリンク

BIOSについて設定しよう!

 

BIOSの設定を変更しましょう。

バイオスと呼びます。ビオスではありません。

ちなみに私は、長いことビオスだと思ってて、

ずーっとビオスと読んでました^^;

もう一度言います。バイオスですよ。

 

さて、まずはノートパソコンの電源ボタンを押して、

パソコンを起動させます。

IMAG0197

このように、最初の起動画面が表示されている数秒間に、

素早くキーボードのF2キーを押してください。

IMAG0174

早く押さないと、OSの起動画面に切り替わってしまうので、

迅速に行動しましょう。

注意
ちなみに、このときに押すキーは、メーカーによって違います。 F2キーが最も多いのですが、違う場合は、検索して 調べてください(^^)

IMAG0176

BIOS画面が出ました。

このBIOS画面はメーカーによって、全然違うのも

ありますので、参考まで。

IMAG0177

キーボードの矢印キーで、上部のタブを右に移動し、

「起動」のの項目に合わせて、上下キーで

起動デバイスの優先順位」に合わせて

Enterキーを押してください。

IMAG0178

「起動デバイスリスト」が表示されるので、

スペースキーや上下キー、F5キーやF6キーを使って、
(BIOS画面により異なります。)

「CD/DVD Drive」という項目を1番上に持ってきてください。

そうしたら、ESCキーで戻ります。

スポンサーリンク

今のうちに忘れずにやっておきたいこと

IMAG0198

そして今のうちにパソコンのドライブに、

作成しておいたCD-Rを挿入して、読み込ませておきます。

注意
前回ダウンロードしたPeppermint6は、英語が結構 混じっており、初心者には分かりづらいかも しれないので、今回はBASIX2.1というOSを使います。

IMAG0173

そして、もう一点。

インストールする前に、ルーターから有線で

インターネットにつないでおきましょう!

無線でもインストールは出来るでしょうが、やはり最初のインストール時は「安定重視」で有線で繋いだほうが無難です。

 

最後に再度、矢印キーで上部タブを

一番右に持って行って、終了を選んでEnterを押してください。

ポップアップが出るので、「はい」を選んで終了です。

インストールまでの準備は以上です。

お疲れ様でした。

そのままインストールが始まりますので、

次に続きます!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です