キャリアから格安SIMへの移行を妨げる要因はこれだ(デメリット編)

格安SIMへ移行をしてみたいけど、どうしても踏み出せないのは何故だろうか?

確かにキャリアから格安SIMに移行するときに考えてしまうデメリットがあるのも事実です。

今回は、そんな格安SIMへの移行を妨げる要因となる、格安SIMの「デメリット」について考えてみましょう。

スポンサーリンク

格安SIMに移行するデメリット1

キャリアメールがつかえなくなる

これですね。

要するに、「〜@docomo.ne.jp」や「〜@ezweb.ne.jp」や「〜@softbank.ne.jp」などのキャリアでしか使えないメールアドレスが使えなくなることです。

まあ、こればかりは仕方ありませんね。各キャリア名やサービス名が入ったドメインですから。

使えなくなるのは当然です。

でも、このメールアドレスでしかやり取りしていない人間関係や繋がりがあるから、どしても離れられない、という人は多いです。

なんとか一念発起して、移行を決意して、Gmailなどのフリーメールにしようとして、

アドレス変えました!」などとGmailからキャリアメールの人にメールを送信しても届かない。

よく聞く話ですね。

これは、一昔前(ガラケー時代)に猛威をふるった(今も勿論ありますが)、「迷惑メール」対策として、各キャリアが実施した施策によるものです。

要するに「迷惑メール」の送信元が、「PCで使われるフリーメール」のドメインだったので、「フリーメール」からのアドレスを受け付けなくなる設定を適用している人が多いからです。

でも、これってハッキリ言って「不便」極まりないと思いませんか?

私は、「そんな前時代的なアドレス、もういらん!!

と、とっととキャリアから格安SIMに移行し、それからは「Gmail」を使用しています。

また、親しい友人とは「Line」でやり取りするので、全く不憫を感じていません。

で、キャリアからの呪縛から逃れることで得られるもの、、、。

それは自分の生活や用途に合わせて「選べる自由」です。

本当に「格安SIM」が登場して良かった、と思っています。

とはいえ、交友関係などで、どうしても離れられない人がいるのも事実です。
こればかりは仕方ないのかもしれません。

格安SIMに移行するデメリット2

通信速度が若干落ちる

以前に比べてだいぶ改善されたとは言え、やはり本家キャリアに比べると、通信品質は若干落ちます。

理論上の数値では同じ速度が謳われていても、実際の体感速度では遅く感じられることが多いのも事実です。

特にメーカーによっては、例えば昼の12時台に明らかに遅くなったりもします。

そのあたりがネックに感じられる人もいるのかもしれません。

しかしですよ。

これって人によって感じ方に差があるのは事実です。

速度を物凄く「重視」している人にとっては「遅い。使えない。」となるものであっても、人によっては「へ?これで遅い?全然問題ないじゃん。」となる場合もある、ということです。

実際、私が使用している「mineo」も、昼の12時台には速度が落ちます。

でも、「全然問題ない」と私は感じる程度のものです(個人の主観です)。

そんなことよりも、それ以外(価格や利便性)のメリットの方が何倍も満足度が高いので、当分、他に移ろうとは思いませんね。

とは言え、「スピード命!ちょっとの遅延も我慢ならん!」という人にとってはストレスなのかもしれませんね。そういう方は「キャリア」の通信が安心でしょう。

格安SIMに移行するデメリット3

スポンサーリンク

LINEで「ID検索」が出来なくなる

これ、非常に意味不明な「謎」仕様なんですが、「格安SIM」に移行するとLINEでの「ID検索」が出来なくなるんです。

これは、LINEの「ID検索」が何故かキャリアのIDに紐付いていて、キャリアと契約している端末キャリアとの契約がある別の端末がないと出来ないようになってます。

「ID検索」以外の「QRコード」や「ふるふる」では普通に出来ます。

要するに「青少年の保護」の観点から「年齢制限」が絡んでいるのですが、でも何故「格安SIM」だと出来ないのか、ホントに謎です。

といっても、「やり方次第」と「相違工夫」で何とでもなっちゃうのが実情です。

まず、LINE上で自分の「QRコード」を生成。それを「スクリーンショット」で保存。

それを相手にメールなどで送信。

受け取った相手は、その「スクリーンショット」を保存。

LINEの「QRコード」で友だち追加とやってもらい、下に出る「ライブラリ」から、スクリーンショットを開いてもらえば、「友だち」になれちゃいます。

ある程度、こういうことに精通している人同士なら問題なく出来るかもしれませんが、やはりある程度の「手順」が掛かることになってしまいます。

やろうと思えばやれることだし、そもそも利便性を損なう「謎仕様」はいい加減改正して欲しいものですね。

まとめ

以上、「3大キャリア」から「格安SIM」への移行を妨げている「デメリット」について見てみました。

私が思うに移行を妨げている「最大のデメリット」は、やはりキャリアメールが使えなくなることなのではないかなあ、と思います。

こればかりは、その人の交友関係によるものだから仕方ない面があるのかも?と思う反面、自分の意思よりコミュニティを優先させて、縛られるのもどうか、と思ったりもします。

それこそ、キャリアの「思うつぼ」であるのに、、、、。

もちろん、こういったデメリットの方が大きいし、「キャリア」の方が安心!という人ならいいのですが、もし少しでも「格安SIM」への移行に興味があるなら、いっそスパン!とキャリアメールを捨ててしまう勇気も必要ですよ!

だってその先には、様々な料金やプランを選び、会社を選ぶことが出来る「自由」が待ってますから。

スポンサーリンク

“キャリアから格安SIMへの移行を妨げる要因はこれだ(デメリット編)” への2件のフィードバック

  1. ガジェット評判・評価まとめ@2ch より:

    いつも楽しく拝見しています!

    この度は新しくブログを開設しましたので、もし相互リンク・RSSしていただければと思いコメント欄にて書き込みさせていただきました!
    当サイトに遊びにくる方々に出来る限りご紹介できればと思い誠に勝ってながらこちらではリンクを設置させていただいています!

    お邪魔じゃない場所にリンクを設置しただけるとすごく嬉しいです!宜しくお願いいたします!

    • じゅんぼう より:

      ブログを見て下さり、ありがとうございます。
      さらにリンクまで設置してくださり感謝です。
      こちらでもリンクいたしましたのでご確認ください。

      よろしくお願いいたします。

      じゅんぼう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です