ジャンクPCを再生して超格安でパソコン1台を用意する2つのオススメ方法

ジャンクPCって何だろうか?

要するに、「OS」がなかったり、一部パーツがなかったりで、

「もしかしたら正常に動作するかわからない」

パソコンなのですが、それを再生することのメリットは、、、、?

ジャンクPCを格安で再生する具体的な2つの方法を
交えて考えていきましょう。

スポンサーリンク

ジャンクPC最大のメリットは何と言っても「安い!」

ジャンクPCは、動作の保証がないため、ハッキリ言って安いです。

ジャンクPCを買ってきて、電源入れてOSが起動して、 すぐに使えたよ!

なんてことは、まずありません。

ユーザーがOSをインストールしたり、足りないパーツを補填したりして、
ようやく起動して、まともに使えるようになります。

要するに、

まともに使えるようにするには、ユーザー自身でひと手間かける必要がある

そういうパソコンなわけで、だから圧倒的に安く入手できるんです。

では、どのくらい安いかと言うと、

そのパソコンがなぜジャンクなのか?」という理由や、

どこでジャンクPCを入手するか?」によってマチマチです。

まさにピンキリ状態で、

安いものは、1000円くらいで手に入ったりしますし、
高いものは、1万円以上するものまであります。

モニターが壊れていたり、キーボードが効かないもの、
またBIOSが立ち上がらないものなどは当然安いです。

そういったものは、「部品取り」用にはいいかもしれませんが、
再生するには相当に苦労するのでやめたほうが無難です。

ジャンクPCはどこで手に入れる?

また、入手先によってもだいぶ変わってきます。

主な入手先は、

icon-check3-g「ヤフオク」などのオークションサイト

icon-check3-g個人売買

icon-check3-gハードオフなどの実店舗

などがありますね。

確かに「ヤフオク」などは、上手くいけばとんでもない価格で
いい機種が安く手に入ることもあります。

ただ、確実に手に入れることが出来ない可能性も高く、
実際に商品が届くまで現物が見られないので、
ある意味ギャンブル的な要素もありますね。

そういったメリット、デメリットを踏まえた上で利用するなら、種類も豊富でどこにいても購入出来るのは、やっぱり嬉しいものがあります。

激安中古パソコンショップ【ジャンクワールド】

知り合いから安価、もしくは無料で譲ってもらう「個人売買」はかなり美味しい
ものを手に入れることが出来るかもしれませんが、
そもそも、そんなことはマレでしょう。

やはり、私としては、「ハードオフ」などの実店舗で、
現物を見て買うのがオススメですね。

実際にどのくらい安いのか?どんなものがオススメなの?

スポンサーリンク

まず、私が良く利用する「ハードオフ」で購入する場合、
オススメなのは以下の2つの方法です。

icon-check3-oBIOS起動OKなジャンクノートパソコンを購入

icon-check3-oBIOS起動OKなスリム型デスクトップジャンクPCを購入

ぶっちゃけ「方法」ってほどのことでもありませんが^^;

とにかく「BIOS起動OK」なもので、構造がシンプルな
ノート型、スリム型が狙い目です。

ノートやスリム型って、省スペースで手っ取り早いんですよね。

もちろん、大型のデスクトップ機の方が拡張性も高いし、
突き詰めていくと、そこが一番いいのかもしれないですが、
かさばるし、スペースもとってしまうし、持って帰るの大変ですから。

で、どのくらい安いかというと、、、。

icon-arrow3-p-sノート型ジャンクPC

img_20160304150947

img_20160314140433

icon-arrow3-p-sスリム型デスクトップジャンクPC

img_20160314140649

img_20160314140751

安いですね。
これくらいのスペックがあれば、日常ユースで快適に使えますしね。

ハードディスクがないものであっても、別で中古品を買えば、
数千円で用意出来ます。

また、デスクトップ型の場合、モニターとキーボードが必要ですが、
モニターも数千円で入手OKだし、キーボードは数百円で手に入ります。

で、これらに無料OSのLinux(Ubuntuなど)をインストールすれば、
1万円でお釣りが来る、いや下手すると5000円で、
そこそこ使えるパソコンが入手出来ますよ。

格安でそこそこ使えるパソコン1台を手っ取り早く用意出来るのは、
かなりのメリットじゃないでしょうか?

お子さんの専用PCに、自分のサブ機に、リビング用共用PCに、、、。

ジャンクPCはいかがですか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です