ネットブックHP mini110の「OSなし」を中古でゲット!Chromebook化する

ネットブック、、、。

懐かしい響きである。
2007〜2008年頃、やけに流行りましたね。

そんなネットブック、HP mini110の「OSなし」のジャンク品を
中古で手に入れたので、Chromium OSをインストールして、
「Chromebook化」してみました。

スポンサーリンク

「ネットブック」はネット回線との抱き合わせ販売でブームに

俗に言う、「1円」パソコンというやつですね。

よく「イー・モバイル」などの通信サービスとセットで「1円」で
販売されてました。

新品のパソコンがタダ同然の「1円」で手に入る!ってことで、
当時、飛びついた人も多かったのではないでしょうか?

そんなわけで、一時的にかなり流行したのですが、
ネットブック自体の性能はかなり抑えられたものであり、

とりあえずネットが見られればいい

という人たちに受け入れらましたが、

その後に到来する、「スマホ」、「タブレット」時代に
飲み込まれ、「あっという間」に消え去ってしまいました^^;

ネットブックの性能は?

ネットブックの性能は、普通のノートパソコンに比べて、
かなり劣るものです。

当時リリースされた多くのネットブックは、

CPU Atomシングルコア
メモリ 1ギガ

これに小容量のSSDもしくは、120〜160ギガのHDDを搭載して、

「Windows XP」または「Windows 7 Starter」という謎の(笑)
OSをプリインストールされて販売されていました。
(中にはLinuxがインストールされたものもありました。)

私が中古の「OSなし」のジャンク品で手に入れた
HP mini110も同じようなスペックです。

KIMG0038

KIMG0039

icon-check3-oスペック

CPU Atom N 280 1.6GHz
メモリ 1GB PC2-5300 DDR2-SDRAM (最大1GB)
HDD 160GB

これ実は数年前にゲットしていましたが、
Linuxをインストールして遊んで、そのまま放置していたものです^^;

HP mini110にChromium OSをインストール!

スポンサーリンク

これに今回、余っていたパーツを使って、

icon-check3-gHDDを32ギガSSDに

icon-check3-gメモリを2GBに

増設してスペックアップを図り、以前紹介した「Chromium OS」を
インストールしてChromebookにしてみた訳です。

分解が必要ですが、工具を一切使わずに出来ます。

KIMG0040

ウラ面はこんな感じ。ネジがありません。

KIMG0041

バッテリーを外すとあらわれるオレンジ色のボタンを押して
分解します。

分解方法はググればたくさん出てくるので割愛します。

メモリですが、最大1GBとなっていますが、 ノート用のDDR2のメモリ2GB1枚に交換すれば、 認識します。

で、あっという間に完了です。

今回も、「Chromium OS カスタムビルド配布ページにようこそ」
を利用させてもらいました。

KIMG0044

壁紙を設定しました。
通常はCtrl + F5 でスクリーンショットが撮れるのですが、
今回は、何故か動作せず、スマホで撮影^^;

WIFI、タッチパッドともに普通に使えて問題はありません。

不具合は、スクリーンショットのショートカットが使えないこと
くらいですね。

Youtubeも見れますし、なかなか快適に蘇りました!

ただし、重いページの読み込みには時間がかかったりしますね^^;

スペックアップしても、そのへんはAtomのシングルコアですから、
仕方ないです。

それでも、HP mini110をChromebook化したことで、
本体は小さく、気軽に持ち運べるPCとして
本来の「ネットブック」の用途は充分こなしてくれそうです。

家に「ネットブック」が眠っている方は、試してみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です