Ubuntu14.04で挿しただけで使える無線LAN子機はズバリこれ!

Ubuntu、Linuxで無線LANを使いたいときに、
すんなり使える場合はいいけれど、
使えないときは、本当にドツボにはまります。

ドライバを持ってきて、書き換えたりして
ようやく使えるようになった!なんてのはまだいい方で、
あーだこーだやって、結局使えない、なんてこともザラですね。

それならば!ということで、Ubuntu14.04で

「挿しただけで使える無線LAN子機」

について紹介しましょう!

スポンサーリンク

Ubuntu使うならとりあえず一個はコレ持っとけ!

BUFFALO WLI-UC-GNM

wli-uc-gnm_c5

まずは、これです。

安価で流通量も多く、言わばどこでも手に入るうえに、
Ubuntuで超安定して使える貴重な存在です。

USB接続タイプで、大きさも極小サイズ!
さらにIEEE802.11n/g/b対応!(150Mbps)

使うシーンを選ばず、いろんな場面で活躍出来ますよ!

ノートパソコンの内蔵の無線LANがLinuxと相性が悪くて
使えない場合もあります。(過去記事参照

そういった場合などに一個持っといて損はなし!!

USB接続のハイパワータイプはこれ!!

PLANEX GW-USHyper300

gw-ushyper300

ハイパワーアンテナ搭載。しかも可動式!

当然IEEE802.11n/g/b対応。(300Mbps)

これも、かなり安定して使えます。
ただ、流通量がそれはど多くないので、ちょっと入手しにくいかも?

見つけたら即ゲット!!

さらにもう一丁!USB接続ハイパワーモデル

BUFFALO WLI-UC-GNHP

wli-uc-gnhp_m1

こちらもIEEE802.11n/g/b対応。(150Mbps)

可動式ハイパワーアンテナで電波を逃さない!

スポンサーリンク

 

ノートパソコンで使えるPCカードタイプならこれ!

ここからは、ノートパソコンで使えるPCカード型についてです。

PLANEX GW-NS300N2

IMAG0273

これは、IEEE802.11n/g/b対応。(300Mbps)

デザインもなかなかです。

BUFFALO WLI-CB-AG301N

wli-cb-ag301n_m1

こちらは、IEEE802.11n/a/g/b全対応。(300Mbps)

さすが無線LANのBUFFALOですね。

ここからは、PCカード型でa/b/g対応のもの

a/b/g対応ならば、54Mbpsでも結構ストレスなく使えますよ。

BUFFALO WLI-CB-AG54L

BUFFALO PA-WL54SC2

IMAG0274

珍しいメーカーのもの

IMAG0275

型番などは、特に銘記しませんが、
富士通とNTTのものです。

これらも、a/b/g対応で、Ubuntuで全然使えます。

なんだか古い機種ばかりじゃ、、、。

実はそうなんです^^;

最近の製品ではないですが、Linuxで外部機器を
使うときって、少し古い機器の方が、安定して使える
ことが多いんです。

また、古い機器(特にPCカード型)なんかは、
かなり安い値段でゲット出来る可能性があります。

ちなみに、紹介したPCカード型のほとんどは、
ハードオフのジャンクコーナーで108円で入手しましたよ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です