mineoとUQmobileはどっちがいい?両社を比較してみた

mineo(マイネオ)とUQmobile(ユーキューモバイル)。

auの白ロムで使える格安simは、この2社しかありません。

で、この2社ならどっちがいいの?
メリット、デメリットについて比較してみました。

スポンサーリンク

料金プランはどんな種類があるの?

mineo、UQmobileともに複数の料金プランがあります。

 

icon-finger1-gmineo

 シングルタイプ
(データ通信のみ)
デュアルタイプ
(データ通信+090音声通話)
500MB700円1,310円
1GB800円1,410円
3GB900円1,510円
5GB1,580円2,190円
10GB2,520円3,130円

 

icon-finger1-bUQmobile

 データ高速
プラン
データ高速+
音声通話プラン
3GB9801,680
無制限1,9802,680

 

ご覧の通り、mineoはデータ容量に応じた、事細かい
プランが選択可能です。

500MBからなんと10GBまで選べるのは、
かなり幅が広くて嬉しい悩みですね。

対してUQmobileは、シンプルイズベスト!
3GB一択で分かりやすいですね。

データ容量無制限プランもあるのも魅力的です。

肝心の速度は?

 

icon-finger1-gmineo
au 4G LTE相当
(受信最大225Mbps、送信最大25Mbps)
icon-finger1-bUQmobile
同じくau 4G LTE相当
(受信最大150Mbps、送信最大25Mbps)

 

 

これだけ見ると、mineoの方が速いのか?
と感じるかもしれませんが、

mineoも注釈付きで、

「最大通信速度は、対応エリア/対応機種により異なります。」

と、ありますし、これってあくまでも公表値なので
参考程度でしょうね。

実際の体感速度で言えば、
どうやらUQmobileの方が速いようです。

この速度については、多少状況が変わってきているようです。詳しくは後ほど追記してます。

iPhoneへの対応状況

これについては、2社で差が出ました。

 

icon-finger1-gmineo

iPhone6以降なら、データ通信、音声通話ともに可能。
iPhone5s、並びにiPhone5cに関しては、 iOS8以降にアップデートしてしまうと使えません。
なお、これらは、全てmineoが作成した 「構成プロファイルのインストール」を実施して 可能である。
また、上記のことは、 au版のiPhone、simフリーのiPhone、 どちらでも同じであり、
テザリングは不可能。

なにやら難しいですね^^;

要するに早い話、

au版だろうが、simフリー版だろうが、
テザリングは出来ませんよー!

でも、iOS8以降にアップデートしていない5sと5c,
もしくは6以降のiPhoneならば、
mineoの作ったプロファイルをインストールすれば、
データ通信と音声通話が出来ますよー!

ということです(^^)

 

 

icon-finger1-bUQmobile

● OSアップデートを行ったiOS端末では、UQmobileのサービスを ご利用いただけませんので、ご注意ください。
● iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPad Air 2、iPad mini 3では UQmobileの通信サービスをご利用いただけませんので、ご注意ください。

はい、以上です^^;

ということで、最新のiPhoneでは、UQmobileは使えません。

どちらも高速通信のオン・オフが出来るアプリが
ありますが、公式か非公式かの差があります。

 

icon-finger1-gmineo

icon-arrow3-g-smineoスイッチ

mineoの公式アプリ

スクショ

高速通信のオン・オフやデータの残量が
ひと目で分かって使いやすいです。

 

icon-finger1-bUQmobile

icon-arrow3-bUQBooster

UQmobile非公式アプリ

Screenshot_2016-02-11-16-06-12

非公式で個人が作ったものですが、
使いやすいと評判です。

一応、UQmobileはブラウザでサイトにアクセスすれば、 切り替えは出来ますが、やはりアプリの方が 手軽で便利ですね。

その他各社独自のセールスポイント

 

icon-finger1-gmineo

なんとau端末で使える「Aプラン」の他に、 ドコモ端末で使える「Dプラン」というプランがある

AプランからDプラン、またはDプランからAプランの変更は、
2000円の事務手数料で可能です。

au端末、ドコモ端末の両方に対応しているのは、
数多ある格安simの中でもmineoだけ!です。

Dプランでの料金は、こちら。

 シングルタイプ
(データ通信のみ)
デュアルタイプ
(データ通信+090音声通話)
500MB700円1,400円
1GB800円1,500円
3GB900円1,600円
5GB1,580円2,280円
10GB2,520円3,220円

シングルタイプは変わりませんが、
デュアルタイプは、Aプランに比べて90円増しですね。

IP電話アプリの「LaLa Call」が便利で無料

通常では月額料金が100円掛かるIP電話アプリの
「LaLa Call」が無料で使えます。

注意!
もちろん通話料は掛かります。

これ、使ってみると便利なんですよ。

まず、音声が聞き取りやすく話しやすいです。
IP電話アプリというと、音声品質が悪いと良く聞きますが、
このLaLa Callは、通話品質はかなりいいです。

さらに、これを見てください。

Screenshot_2016-02-11-16-33-45

通常の電話で通話したときに比べて、
幾ら得したか?が通話終了時に表示されるんですよ(^^)

これは面白いですね。

 

icon-finger1-bUQmobile

とにかく通信品質の良さが光ります。

多くの人が本家au、mineo、UQmobileをいろんな場所で
通信速度を比較していますが、
その安定性はピカイチです。

場所と時間帯によっては、本家auを凌ぐほどです。

そして、その速度と安定性は、多くのドコモ系の格安simも
含めて考えても、1位2位を争うほどでしょう。

その点、mineoは、良く言われている通り、お昼の12時台に
はっきりと通信が遅くなります。

これは、私が実際にmineoと契約していて感じるところですね^^;

追記です
当初は、速度面で優れていたUQmobileですが、最近になりmineo同様、お昼の時間帯の通信速度の低下が目立つようになってきたようです。 UQmobileの「通信品質面でのアドバンテージ」は、ほぼ無くなったとみて良さそうです。

まとめ

いろいろ見てきましたが、
mineo、UQmobileは、au系の格安simと一口に言っても
それぞれ特徴がありますね。

対応端末や料金プランを広く選べる「バランスのmineo」と、
高速通信の安定性を重視の「通信のUQmobile」と
言えるのではないでしょうか?

どちらを選んでも、ドコモ系の格安simにはない利点、

icon-check3-rテザリングが無料
icon-check3-rSMSオプションが無料

というのが付いてきます。

あとは、好みで選んでも損はないでしょうね。

mineo Aプラン デュアルタイプ 1GB

ちなみに私は、mineoを選んで9ヶ月ほど経ちましたが、
特に不満は感じてないし、むしろ大満足しています(^^)

スポンサーリンク

“mineoとUQmobileはどっちがいい?両社を比較してみた” への2件のフィードバック

  1. まっさ より:

    UQmobileは昨年11月のUQバリューイネーブラ統合、
    回線もLTE-NETからCPA接続に変わり昼間とか激遅で終わってます。
    速度安定はもう夢の彼方です。
    ちゃんと調べましょう。

  2. じゅんぼう より:

    まっささん

    訪問、コメントありがとうございます。
    UQmobileもmineo同様、昼間帯の速度が落ちるように
    なったんですね。
    貴重な意見、ありがとうございます。

    じゅんぼう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です