初代Xperia(SO-01b)のroot化済みを最新機種とスペック比較!起動してみた

imag0015

今やAndroidは、スマートフォンの世界シェアNo.1に登りつめましたが、日本でそのAndroidスマホの最初のヒット作として、世に定着させたのが「初代Xperia(SO-01b)」と言っていいでしょう。

その初代Xperia(root化済み)のスペックを最新のXperiaと比較して、さらに起動してみました。

いやあ時代の流れを感じます。

スポンサーリンク

初代Xperia登場!

初代Xperiaが日本に登場したのは、2010年4月1日でした。

当時の日本は、いわゆる「ガラパゴス・ケータイ」などと揶揄されたガラケー天国でしたね。

そこへ、2008年に登場した「iPhone」のブームによって、少しづつ日本でも「ガラケー」から「スマホ」へ興味がいきつつある時代だったワケです。

 

先行するiPhoneへ対抗するべく、Googleも日本初のAndroid OS搭載のHTC製スマホ「HT-03A」をドコモから2009年に登場させていましたが、ヒットとはいかず、Appleの後塵を拝すカタチだったんです。

そんなときに「これでiPhoneに対抗できる」として、SONYから満を持して登場したのがこの「初代Xperia(SO-01b)」でした。

%e7%af%84%e5%9b%b2%e3%82%92%e9%81%b8%e6%8a%9e_170

 

当時の私は、パソコンやケータイ、スマホには全くと言っていいほど「興味がない」人間だったのですが、丁度、もう何年も使っていた古いガラケーがボロボロになってきていました。

機種変しようとショップに行くと、最新のガラケーが無茶苦茶高い!!

 

ふと横に目をやると、まだあまり人々が「スマートフォン」に興味がいってなかったのか、この初代Xperiaが非常に安い値段で機種変出来たんですよね。

ケータイなんて何でも良かった私は、「じゃ、これにします。」などと抜かして、深く考えずに、かなり早い段階で「スマートフォン」にしたんです。

 

いやあ、当初はかなり戸惑ったものです。

icon-check3-r電話の出方が分からない

icon-check3-rバッテリーが全然持たない

など、結構な苦労を味わいつつスマホにしたことだけは早かった私は、

 

スマートフォン時代の夜明けぜよ。

 

とかなんとか考えて、いろいろとガマンして使っていましたね。

でも、実際のところ確かにそうなったわけだし、その「スマートフォン時代の夜明け」なるものに、大きく貢献したこの「初代Xperia(SO-01b)」は、やっぱり名機だったんだなと思います。

保管していた「初代Xperia(SO-01b)」が出てきたよ

そんな「初代Xperia(SO-01b)」ですが、この間、引き出しの整理をしていたら出てきた(すっかり忘れてた)ので、晒してみます。

imag0021

なんと、箱付きで保管してましたよ!

 

imag0022

箱の中身、付属品などは使ってないので当時のままです。

 

 

imag0023

こんな付属のイヤホン(中国製)が未開封のまま入ってました。
Sony Ericssonのロゴマークがイカす!

 

imag0016

imag0017

imag0019

imag0020

なんでしょうね。今見てもデザインはかなりカッコイイじゃないですか?

多少の傷や保護シートの剥がれはあるものの、比較的キレイですね。

 

充電してみたので、起動してみましょう。

imag0024

imag0026

おお!懐かしい!この「Sony Ericsson」の文字がいいです。

 

imag0027

起動した画面はこんな感じ。

まあ、動作はモッサリですが、普通に動きますね。

 

本来、この「初代Xperia(SO-01b)」は、Androidのバージョンについては登場時「1.6」でその後のアップデートで「2.1」になったものの、結局2.1止まりでした。

私のこの「初代Xperia(SO-01b)」は、2年間使用した後に、次の端末に機種変してからは、遊びで「root化」などをしてるので、バージョンは「Android2.3」になっています。

imag0028

その後も、ネット上では「Android4.0」や「Android4.4」にした!なんて情報もあるみたいですが、私はそこまで詳しくないので、2.3止まりです。

最後に「現行」のXperia Xとのスペック比較

スポンサーリンク

間もなく最新の「Xperia XZ」がリリースされるようですが、取り敢えず「現行」モデルの「Xperia X」と、「初代Xperia(SO-01b)」のスペックを比較してみようと思います。

比較してどーすんの?!

という感じですが、まあ時代の流れでも感じてください。

 

icon-check3-gXperia X

サイズ 高さ×幅×厚さ 144×71×8.6(mm)
重量 165g
ディスプレイ 5.0インチ Full HD(1080×1920)
OS Android6.0
CPU  MSM8996 2.2Ghz+1.6Ghz クアッドコア
RAM 3GB
ROM 32GB
バッテリー容量 2570mAh
カメラ アウトカメラ CMOS/約 2300万画素    インカメラ CMOS/約 1320万画素
無線LAN a/b/g/n/ac対応
モバイル通信 PREMIUM 4G、Xi、3G対応
フルセグ搭載

 

icon-check3-g初代Xperia

サイズ 高さ×幅×厚さ 119×63×13.1(mm)
重量 139g
ディスプレイ 4.0インチ  フルワイドVGA(480×854)
OS Android1.6(のちに2.1にアップデート)
CPU QSD8250 1Ghz シングルコア
RAM 384MB
ROM 1GB
バッテリー容量 1500mAh
カメラ アウトカメラのみ CMOS/約 810万画素
無線LAN b/g対応
モバイル通信 3Gのみ
ワンセグ等なし

 

まあ、当然ですが、かなりの差を感じますね。

それにしても、「RAM」と「ROM」の違いがスゴイ!

何ですか?RAMが384MBROMが1GBって。こんなのすぐにパンクしちゃいますね。

まとめ

スペックだけを見ると、さすがに「時の流れ」を感じますが、端末自体のデザインは、今見ても十分カッコイイと思います。

また中身の方も、その後に出た国産のAndroidスマホの出来があまりにも悪くて、日本国内でのAppleのiPhoneやサムスンのGalaxyシリーズの躍進を許す中、「唯一使える国産スマホはSONYのXperia」という認識が出来上がった気がします。

その後、国産スマホも汚名返上とばかりに安定していきましたが、相変わらずのXperia人気を見ると、今でも当時の影響が少しはあるのかもしれません。

初代Xperiaは、やっぱり今でも記憶に残る「名機」でしたね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です