無料のLibre OfficeとMS Officeとの互換性は?その違いについて

無料Officeソフトの代表といえば、今やLibre Officeが有名です。

そのLibre OfficeMS Officeとの「互換性」はどうなんだろう?
また、MS Officeとの違いは?

その辺を見て行きましょう。

スポンサーリンク

「Officeソフト」と言えばMS Office

Officeソフトといえば、マイクロソフトの「Office」MS Officeが有名ですね。

というかMS Officeだけが「オフィス」であって、それ以外は知らないし、使う意味がないと思われているのかもしれませんね。

確かに実際のところ、「Office」ソフトを使うのは大抵、会社の業務などに使うこと、要するに「仕事」で使う場合がほとんどであって、その場合は、「互換性」がすべてです。

MS Officeとの「完全な互換性」を突き詰めていくと、そりゃもう結局のところ、「MS Office」以外ないのが現実ですね。

なので、結局のところ、「会社の業務」で使う限りは、「MS Office」以外考えられない、というのが現状なんでしょう。

ただ、やはりMS Officeは値段が高い!

業務で使うわけではないならば、無料のOfficeでも充分なのに、、、、。

という例がたくさんあるのに、Libre Officeなどの「無料Office」を知らずに高いMS Officeをわざわざ購入したり、最初からMS Officeがインストールされたパソコン(されていないモデルよりも数万円高くなる)を購入する人が多いのが勿体無いな、と思うんですよね。

ちなみにLibre Officeは、マルチプラットフォームなので、Windows、Mac、LinuxのどのOSであっても無料で使うことが出来ます。

Libre OfficeのMS Officeとの「互換性」は?

MS Officeとの「互換性」に関して言えば、健闘しているものの、やはりレイアウトの崩れは止む終えないといった感じです。

MS Officeとの、より高い互換性を望むならば、やはり「Kingsoft Office」の方が優位性が高いでしょうね。

Kingsoft OfficeもLinuxなら無料で使えるので、そちらも検討するのもいいでしょう。

ただし、結局のところ、「互換性」に関して突き詰めてしまうと、やっぱりMS Officeじゃなきゃ!ってなってしまうでしょう。

そうではない、Libre Officeのメリットはなんだろうか?

Libre Officeの強みは?

スポンサーリンク

Libre Officeは、OSにとらわれず、どのプラットフォームでも無料で使うことが出来る点が強みの一つですが、それ以外の強みとしては、「ODFファイル」を標準にしていることです。

「ODFファイル」とは、OpenDocument Format(オープンドキュメント・フォーマット)の略で、国際的に標準規格化されたファイル・フォーマットです。

この「ODFファイル」を標準とするLibre Officeの目指すところは、Open XML Formatsという規格を標準で採用するMS Officeとの「互換性」ではないんです。

むしろ、独占禁止法に引っ掛かるのでは?と度々訴訟が起きるほど、マイクロソフトの独占状態が続く「オフィス」分野で、対抗勢力として存在していると言っていいでしょう。

ちなみにKingsoft Officeは、Open XML Formatsを標準規格として採用しています。 「MS Office」との「高い互換性」を目指しているKingsoft Officeと、そうではないLibre Officeの違いがここにあります。 また、Open OfficeもLibre Officeと同じく「ODFファイル」を標準規格にしています。
Libre Officeを使おう!

ということで、皆さん、Libre Officeを使いましょう笑

ODFファイルを推奨するLibre Officeが国際標準になって皆が使えば、世界がそれに追従するでしょうから。

実際にLibre Officeを標準で採用している官公庁というのは、世界中に存在していますし、その数も増えています。

どんな官公庁がLibre Officeを採用しているのか?

そのへんについては、次の記事に続きます。

またLibre Officeの使い方を詳しく知るのに、うってつけのサイトも紹介したいと思います。

続く!

スポンサーリンク

“無料のLibre OfficeとMS Officeとの互換性は?その違いについて” への6件のフィードバック

  1. すいっちょん より:

    みんな勘違いしてる。私がLibreを使っているのは、このまま「一個」になるのを防ぐためなんだ。マクロも違うし、一般的にはMS製が王道だろうね。
    ワープロも表計算も、あれも、これも、複数あったほうが仕事になる。末端は「一個」の方が良いだろうけどね。

  2. じゅんぼう より:

    コメントありがとうございます!

    おっしゃる通りですね。
    OSも含め「複数」使える環境を用意しておいた方が、
    絶対にいいと思いますね。

    王道があった方が、一個に集約された方が皆「楽」なんでしょうけどね。

  3. くも より:

    こちらもです。

    GNUだからって理由ではありません。確かに、ファイルフォーマットが統一されることは望ましいと思います。しかし、仕事が無くなります。
    打ち直ししなくて良い=仕事が無くなる
    スクリプトが一種類=仕事が無くなる
    フォントが一種類になる=フォントが売れない

    インチとセンチの違いからか、互換性が崩れます。

    なんとかファイル互換性があると良いのですが。

  4. じゅんぼう より:

    コメントありがとうございます。

    なるほど、確かにフォーマットが統一されてしまうと、そういった面(雇用など)もあるかもしれませんね。

    深いですね。

  5. 赤羽 久美子 より:

    私はpcについては全くの素人、ですがスマホを使用するにあたって業界用語で一苦労、アカウントのログイン時のパスワードに泣かされインプットの仕方にもよると知り大変です。ブログ(失敗体験例)面白く拝見しました、データが消えては会社は一騒動ですよね、fileの互換性の悩みとはサイズ?

    • じゅんぼう より:

      ブログを読んで頂きありがとうございます。

      最初はなかなか慣れないものですよね。私もスマホにした当初は、何をするにも時間が掛かっていました。
      楽しみながら弄っているうちに覚えていく感じですよね。

      これからも失敗談を重ねていくと思いますので、どうぞ楽しんで読んでくださいね。
      今後ともよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です