UbuntuでWindowsのソフトが動くかも?!Wineを入れよう

Ubuntu(Linux)でWindowsのソフトは動きません。

でも、「このソフトがUbuntuで動いてくれればなあ。」
と思うことが度々ありました。

そんな、ある意味ワガママな要求に答えてくれる
かもしれないプロジェクトがあるのを
ご存知ですか?

スポンサーリンク

Ubuntuに「Wine」をインストールしてみよう!

Wineというプロジェクトというかソフトが
あるんですが、このソフトをUbuntuにインストール
することで、Windowsのソフトを起動出来てしまう
場合があるんです。

「場合がある」などと、半端な言い方ですが、
当然、確実に動く保証はありません。

いや、むしろ動けばラッキー!というスタンスで
いたほうがいいでしょう。

そんな感じで、もし動いたら感動もひとしおです(^^)

実際にあれが動いた!なんて報告例は、
たくさんありますから。

「Wine1.7」のインストール方法

現在、Wineの最新版は、「Wine1.9」のようですが、
今回は安定性を考えて「Wine1.7」をインストールします。

注意!
現在のWineは、どうやら64bit機では上手く動かないようです。 なので、32bit機で進めていきます。

インストールは超簡単!!

端末を起動して以下を順に貼り付けて、
実行していくだけです。

sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-wine/ppa
sudo apt-get update
sudo apt-get install wine1.7

これでスタートメニュー内に「Wine」がインストール
されます。

もし出てこない場合は、一度ログアウトまたは
再起動してください。

Wineがインストールされているのを確認出来たら、
Wine内の「Wine設定」を起動してください。

「Wine Mono」と「Wine Gecko」というものが、
インストールされます。

デスクトップ1_046
デスクトップ1_047

上記2つがインストールされたら、次にWine内の
「Winetricks」を起動します。

すると、、、。

こんな画面が出ます。

範囲を選択_049
「Select the〜」が選択されているので、そのまま
「OK」をクリックします。

範囲を選択_050
そのまま「はい」を選択。

範囲を選択_051 「OK」を選択。

範囲を選択_052
一番上の「Install a Windows〜」を選択。

範囲を選択_053
「dotnet40」を選択して「OK」。

要は、Microsoftの「.Net Framework4.0」をインストール
するんです。

範囲を選択_054
こんな画面になりますが、「OK」をクリックします。

範囲を選択_055
すると、しっかりとインストールされます。

範囲を選択_056
この画面が出ますので、しばらく待ちます。

 

スポンサーリンク

 

しばらく待つと、

範囲を選択_057
この画面が出ますので、「同意する」にチェックを入れて、
「インストール」をクリックしてください。

範囲を選択_058
インストールが進み、、、、。

範囲を選択_059
無事にインストールされました!

これでWindowsのソフトが動く!!かも?

さあ、これでWindowsのソフトのexeファイルがあれば、
動作するかもしれません。

exeファイルを展開してから、その中にある「実行ファイル」を
ダブルクリックで起動してください。

もし、これで動かないときは、ファイルを右クリックして、
出てくる「Wine Windowsプログラムローダー」で
起動してみてください。

そのソフトが起動するかどうか?

また、まともに動くかどうか?

は、やってみないと分かりません^^;

ただ、古いバージョンの「Wine1.6」で動かなかったソフトが、
より新しい「Wine1.7」で動いたよ!

なんてこともありますので、以前試してみて動かなかった
ソフトについても試してみる価値はありますね。

いろいろと試してみてください(^^)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です