パソコンのメモリ増設にトライ!やってみると簡単でメリットばかり

それでは、実際にパソコンのメモリを増設してみよう!

最近は、ほとんどの人が大きなデスクトップではなく、

ノートパソコンを使っていると思うので、

中古のノートパソコンでやってみましょう!

スポンサーリンク

ノートパソコンのメモリ増設にトライ!

というわけで用意したのがこちら。

IMAG0161

富士通の古いノートパソコン「FMV-C8240」という機種です。

IMAG0162

どうです?

ちょっと汚いですけど、、、。いわゆるビジネスノートですね。

一応、綺麗に拭き掃除済みです。

まずは、こいつを裏返しにします。

IMAG0163

メモリ増設のときに最も大事なこと

ば〜っと見て、大体どこに何があるのか
検討つけていきます。

そして、メモリ増設や交換するときに、

最も大事なこと。

最初にバッテリーを外します。

IMAG0164

これは、パソコンのメモリは、静電気に非常に弱いので、

不意な故障を避ける為です。

この鉄則は、忘れないようにしましょう。

そして、次にメモリの場所ですが、

ここになります。ドライバーでネジを一本外します。

IMAG0165

外した状態がこちら。

IMAG0166

奥と手前にメモリスロットがあって、

奥側には1つメモリが刺さってますね。

ここへ、用意しておいたメモリ(DDR2の1ギガ)を

まずは、斜めに差し込みます。

IMAG0167

奥までしっかりと差し込んだのを確認したら、

手前側を金具にカチッとはまるようにセットします。

IMAG0168

あとは、蓋を閉めて、ネジで止めれば完成です。

どうです?無茶苦茶簡単ですね!

さきほども言いましたが、メモリは静電気にとても弱いので、触るときも薄手の手袋したり、触る前に静電気を落としたりして、最善の注意を払います。

スポンサーリンク

この機種よりも、さらに古いノートパソコンは、

キーボードを外さないと、メモリにアクセス出来なかったり、

パソコン自体を分解しないといけなかったりしたのですが、

この年代(2005〜2007年以降のノートパソコンは、

簡単になりました。

自分でやってしまったほうが安く済みますよ。

パソコンもサクサクに動くし、費用も浮かせて、

もはやメリットしかないですね。

ついでにハードディスクの交換方法も

さて、ついでにこの機種(FMV-C8240)のハードディスク交換

方法についても合わせて紹介しときます。

ハードディスクの位置はここ。

IMAG0169

上にあるネジを1本外し、手前に引くと、、、。

IMAG0170

はい、外せました。

IMAG0171

あとは、ハードディスクのサイドに付いているネジ4本を

外せば、固定している部品が外れます。

非常に簡単ですね!

さて、メモリも増設して準備万端。

次はいよいよ無料OSのLinux、中でも使いやすい

Ubuntu系のOSを実際にインストールしてみましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です