UbuntuでMP3gainを使ってバラバラの音量を統一しよう!

mp3ファイルの音量のバラつきを一瞬で統一してくれる
Windowsで有名な便利なソフト「mp3gain」。

Ubuntuでも使えるんです。

mp3ファイルを良く使う人にとっては、
もはや必須アイテムですね。

スポンサーリンク

mp3ファイルのバラバラの音量に困ってませんか?

最近では、PCオーディオの普及によって、flacなど、
出来るだけ高音質なデータで音楽ファイルを扱うことが
多くなりました。

しかし手軽に扱えて、なおかつそこそこいい音で、
いろんな機器が対応しているという意味では、
やはりmp3に勝るものはないと思います。

私もクルマで音楽を聴くときは、USBにmp3の曲データを
大量に入れて聴いています。

たくさんの曲が入れられて無茶苦茶便利で、しかも音も
いいですしね。

ただ、取り込んだCDによって、音量がバラバラで、
曲順によっては、急に音が大きくなったり小さくなったりして、
聴きづらいことってありませんか?

特に古いCDなどでは、音量が小さくて聴きづらかったり
しますよね^^;

そこでmp3gainの登場です!

それではUbuntuに実際にmp3gainをインストール
してみましょう。

いつものごとく、「Ubuntuソフトウェアセンター」を開き、
mp3gainで検索してみると、、、。

範囲を選択_005
このように「easyMP3gain」というのが、
2種類出てきますが、画像の下の方の「easyMP3gain-gtk」を
インストールしてください。

範囲を選択_006
起動すると、こんな感じ。

メニューは英語ですが、簡単なので大丈夫です。

スポンサーリンク

実際に「easyMP3gain」を使ってみよう!

まずは、画面右上にある「mp3-Target Volume」をお好みの
数値に設定しましょう。

ここでは「100」で設定しますが、あまり上げ過ぎると
音割れしますので、注意してください。

次にmp3の音楽ファイルを読み込ませます。

範囲を選択_007
メニューの一番左上にある、音符マークは1曲づつ読み込む場合、
そのとなりのファイルマークはファイルごと、つまりアルバムごと
読み込む場合に使います。

では、アルバムごと読み込みます。

範囲を選択_060
アルバムを読み込みました。
ここで、左上メニューの虫眼鏡アイコンをクリックします。

範囲を選択_061
すると、このように各曲のボリュームレベルを数値で
表示してくれますが、
98.3だったり95.5だったり結構バラバラなのが
わかりますね^^;

次に虫眼鏡アイコンのとなりにあるゼンマイみたいな
アイコンをクリックしてください。

範囲を選択_062
はい、このようにホントに一瞬でボリュームレベルが
100前後に統一されましたね(^^)

これで音量が均一になりました!

この時点でボリュームが書き換えられますので、
特に保存する必要はないですよ。

mp3のデータなら何でもオーケー!

このmp3gainの素晴らしいところは、mp3のデータなら、
あらゆるデータが扱えることです。

例えば、昔のカセットテープの音源を録音したものや、
肉声を録音したものなど、
それらを変換ソフトなどで、mp3データに変えてしまえば、
ボリュームをキレイに揃えられます。

使ってみると、ホントに便利です。
ぜひお試しあれ(^^)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です