mineoは使える?テザリングに料金が掛からないau系の格安SIM

私は、スマホにmineoを使ってます。

mineoは「マイネオ」と呼びます。「ミネオ」じゃありません。
最初は「ミネオ」だと思ってましたが^^;

mineoは、auのスマホで使える格安SIMなんですが、
テザリングに料金が掛からないのをご存知でしたか?

スポンサーリンク

mineoとUQ mobileのauの機種で使える格安SIM2社の強み

auの機種で使える格安SIMのメーカーは、
mineoとUQ mobileの2社しかありません。

たったの2社?

と、思われるかもしれませんが、

この2社は、格安SIMとして、どちらも抑えるべきポイントを
しっかりと抑えた料金プランを展開しているので、
2社でも不満はないと思います。

また、この2社は、もはやいくつあるのか把握出来ないほど
多いドコモ系の格安SIMに比べて、

一点、とても強力な武器を持っているんです。

それは、「テザリングに料金が掛からないこと。」です。

「テザリング」自体が使えないドコモ系の格安SIM

ドコモから出されているスマホは、ドコモのSIMカードを
挿して使う分には、当然テザリングが可能です。

しかし、ドコモ以外のSIM、つまりあれだけのメーカーから
出しているドコモ系の格安SIMのどれであっても、
テザリングを使うことが出来ないんです。

ドコモのスマホがそういう仕様になっているので仕方がないです^^;

それに対してテザリングになんの制限もないau系SIM

mineo、UQ mobileともに、auのスマホに挿して使うわけですが、
テザリングが標準で使えます。

オプションでも何でもなく、普通に使えるので、
テザリングに料金が掛かることがないんです。

この差って、かなり大きいですよね?

スマホが世の中に登場してから結構たって、
2台目、3台目と乗り換えて、
使わなくなったスマホが家に眠ってるという
人も多いんではないでしょうか?

そういった時に、テザリングが使えるか使えないかの差って
かなり大きいです。

テザリングが使えるのって、スマホやタブレットの
使用の幅がかなり大きくなりますからね。

スポンサーリンク

ドコモの白ロムよりも価格の相場が安いauの白ロム

「使うスマホが中古の機種でも構わない」人にとって、
白ロムと呼ばれる、スマホの中古品は、安くてオススメです。

ただ、格安SIMの人気に伴って、白ロム自体の人気も上がり、
数年前に比べて、価格が高騰しているんですよね^^;

そんな中、使える格安SIMが2社と、限られているからなのか、
ドコモの機種に比べて、auの機種は白ロムが総じて価格が安い傾向に
あるんですよ。

また、海外のSIMフリー機種に比べて、日本の機種はスペック面で
優れているのが多いです。
(最近は、少しづつ海外製にもハイスペック機種が登場しつつ
ありますが。)

そういった意味でも、mineoやUQ mobileのau系の格安SIMと
契約して、auの白ロムを購入して使うのは、
ワタシ的には、かなりオススメなんです。



以前、私が書いた記事のように、
比較的新しいのに、とんでもなく安い機種に
巡りあうことも珍しくありません。

注意!
ただし、au系のmineoやUQ mobileをauの機種で使うには、 比較的新しいLTE対応の機種でないとダメです。 簡単な見分け方としては、機種名で分かります。 「SOL〜」や「HTL〜」、「SHL〜」などや、「SHV〜」、「SCV〜」のように、 機種名の末尾に「L」、「V」がつく機種は使えます。 もっと古い機種についている「IS〜」という機種名のものは、3G専用機種なので、 格安SIMは使えません。

スマホを安く、それでいて快適に使うために、
au系の格安SIMの、mineoとUQ mobileは激しくオススメです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です