URBANO L03を購入!この値段でこの性能!その評価はいかに?

URBANO L03の中古の白ロムを買ってみました!

今さらかもしれませんが、値段が超安かったんです。

その安かった値段に対しての評価はいかに?
ホント今さらですけどレビューしてみます。

スポンサーリンク

URBANO L03の購入は近所のハードオフで!

私の住んでいる東京の郊外には、ハードオフが
たくさんあるんですよね。

で、私のようなパソコン・スマホなどのデジタルガジェット好きは、
休みの日にフラッとハードオフに立ち寄ることが多いんです^^;

で、見つけたのがauのスマホ、URBANO L03です。

そのプライス9730円。

「ふ〜ん。まあ、古いスマホなんだろうな。」

と、最初はたいして気にも掛けなかったのです。

それに、私は正直、このURBANO L03という機種を全く
知らなかったんですね^^;

でも、最近カミさんに買ったLenovo a806という機種が、
思いの外サクサクで良かった(過去記事参照)ので、
自分も新しい機種が欲しいなあ、と思ってたので、

「一応調べてみるか!」と検索してみたんです。

そうしたら、URBANO L03は2014年6月発売で、そのスペックは、

サイズ(幅×高さ×厚さ) 約70 × 140 × 9.9 mm (ワイヤレス充電モデル:約70 × 140 × 10.3 mm)
重量 約154g (ワイヤレス充電モデル:約159g)
連続通話時間 (音声通話時/日本国内使用時) 約1,480分
連続待受時間 (日本国内使用時) 4G LTEエリア:約700時間 WiMAX 2+:約700時間 3Gエリア:約730時間
充電時間 ACアダプタ 約120分 ワイヤレス充電(対応モデルのみ)約260分
電池容量 3,000mAh
電池パック取り外し ―
外部メモリ 推奨最大容量 128GB microSDXC
内蔵メモリ容量 (ROM) 16GB 内蔵メモリ容量 (RAM) 2GB
ディスプレイ(画面)タイプ メイン:TFT液晶 ディスプレイ(画面)サイズ メイン:約5.0インチ
ディスプレイ(画面)最大表示色 メイン:約1,677万色 ディスプレイ(画面)解像度 メイン:1,920×1,080(FHD)
防水 ○(IPX5/IPX8) 防塵 ○(IP5X)
au ICカード au Nano IC Card (4G LTE)
OS Android™ 4.4
CPU MSM8974AB 2.3GHz クアッドコア
キャリアアグリエーション対応

と、なっているではないか!!

なんでこんなに値段が安いんだ??

しかも、おまけに「ray-out」の透明ハードカバー付きですよ^^;

その隣には、2013年発売の「isai LGL22」がありましたが、
そのプライス19800円。

もう、速攻で「すいませ〜ん♡」と店員さんを呼んでました(笑)

スポンサーリンク

中古のURBANO L03、状態もかなりキレイでした

早速帰宅後、使ってみました。

IMAG0246

IMAG0245

IMAG0244

箱、説明書、ハードカバーと、一式揃ってます。

IMAG0247

IMAG0248

おまけのハードカバーをつけた状態。
かなりキレイです。

いろいろ各種設定して、いじりましたが、全然問題なし。

いやあ、いい買い物しました!

私は、スマホはau系の格安SIMの「mineo」を
HTCのスマホ、HTC J butterfly HTL21に挿して使っていました。

私の使い方だと、この機種でも全く不満はなかったんです。

ただ、両者を比較すると、やはり新しいURBANO L03は、
性能的に若干、上であるのと、何よりキャリアアグリエーションに
対応してるのがデカイです。

まあ、私の住んでいる東京の郊外で、htl21でもLTEが
圏外になることは、全くありませんでしたが^^;

白ロム中古携帯電話『エコモバイル』

古い機種でも全然使えますよ(^^)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です