ハードディスクのデータ取り出しで料金も掛からず最もオススメな方法

パソコンが起動しなくなった!
パソコンのハードディスクの中には大事なデータが
たくさん入ってるのにどうしよう、、、。

こんなとき、

「せめてデータの取り出しだけでも、、、。」

なんて思ったことはありませんか?

スポンサーリンク

でもハードディスクのデータの取り出しって高いんでしょ?

そうですね^^;

ハードディスクのデータ取り出しは、
普通は専門の業者に依頼します。

素人には分からない専門分野の技術をともなう依頼は、
料金も高いのが当たり前です。

ハードディスクが完全に故障してしまった場合は、
おそらく一般の人にはもはや手が出せないでしょうから、
そういった業者に頼むしかなくなります。

ただしそうではない、例えば、

icon-check3-gハードディスクが壊れかけている。

icon-check3-gOSに異常が見られ起動しない。

このような場合ですと、まだまだ自分の手で
ハードディスクからデータ取り出しの方法は残されています!

しかも料金も掛からず、無料で。

では実際にその方法を見て行きましょう!

用意するのは空のCD-Rのみ!

料金の掛からないハードディスクからのデータ取り出し方法は、
Linuxのライブ起動CDを作成して、それを使って
パソコンから大事なデータを救い出す!ということです。

Linuxのライブ起動CDの作り方、パソコンをCD-Rから起動させる
設定については、私の記事

古いパソコンFMV-C8240に無料OSのLinuxを入れてみよう!~準備編~
FMV-C8240にLinuxを入れてみよう〜準備編2・BIOS設定〜

に詳しく書いてますので、そちらをご覧ください(^^)

スポンサーリンク


さて、今回はCD-Rから起動し、データの救出が目的で、
ハードディスクにインストールまではしませんので、
出来るだけ軽いOSを選びたいですね。

というわけで選んだLinux OSはこちら。

Puppy Linuxです。

このOSはライブ起動で使えることを考えて作られている
だけあって、とにかく軽い!です。

バージョンはいろいろありますが、
とりあえず日本語版公式ページの右上にある
571jpか431jp2012のどちらかをダウンロードしてください。

私の記事を参考にライブCDの作成、パソコン側の設定が
済みましたら、早速ハードディスクのデータ取り出しに
チャレンジしてみましょう!

やってみると簡単!の一言

では、パソコンのドライブに作成したPuppy LinuxのCD-Rを
セットして起動します。

しばらく待ってると、、、無事に起動しました!

IMAG0230

左下のメニューから、
「ファイルシステム」→「Pmountドライブマウンタ」をクリック。

IMAG0231

ここで、真ん中の「ドライブ」にパソコン内蔵のハードディスクが
認識されて、名前が表示されているのを確認して、
「マウント」をクリック。

IMAG0232
すると、こんな画面になります。

IMAG0233
この中の「home」というフォルダーをクリックします。

注意
パソコンのOSや環境によって名前が違うかもしれません。

そうしたらこのようにご自分のパソコン内のフォルダーに
アクセス出来るようになります。

IMAG0234

あとは、大事な救出したいファイルのサイズに合わせて、
USBメモリなり、外付けハードディスクなりを接続し、
切り取りやコピーでファイルを移せば完了です!

完全にハードディスクが壊れていなければ、救出出来る
可能性が高いので、

料金の高いハードディスクのデータ取り出し業者に依頼する前に
こちらの方法を試してみてください。

いざというときのためにも、Puppy Linuxなどの軽量Linuxの
ライブ起動CDを作成しておくと安心ですね(^^)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です