Ubuntu14.04をインストールしたら最初にやるべき設定

さあ、ついに古いWindowsXP世代のパソコンに

Ubuntu14.04ベースの軽量な無料OS(Basix2.1)が

インストールされました!

ただし、このままでは必要最低限のソフトや

機能しか入っていないので、

いろいろと好みにカスタマイズしていきましょう!

スポンサーリンク

まず真っ先にやるべきことは?

さて、まず最初に必ずやるべきことは、

アップデート」です。

インストール直後に再起動し、いろいろ操作していると、

自動的に画面下部に「ソフトウェアの更新」の通知が来ていると

思います。

もし、来ていなければ、左下のメニューから、

「設定」にカーソルを合わせると、

たくさんの項目が出てきます。

その中にある「ソフトウェアの更新」を

クリックすれば、アップデート出来ます。

インストール時に設定したパスワードを打ち込み、

しばらく待てば完了します。

初回なので、少しだけ時間が掛かるかもしれませんが、

気長に待ちましょう。

完了すると、再起動を促してきますので、

従ってください。

さあ、これでパソコンにインストールしたUbuntu(Basix2.1)が

最新の状態になりました。

続いて行うべきはこれ!

次に行うことは、動画を見たり、MP3などの音楽を

聞けるように各種のコーデックがまとめられた

パッケージをインストールしておきましょう!

まず、左下メニューから「設定」内にある、

Ubuntuソフトウェアセンター」を開きます。

デスクトップ1_003

この「Ubuntuソフトウェアセンター」から様々なアプリを

インストール出来るんです。

早速、右上にある検索窓から

Ubuntu restricted extras」と打ち込んでください。

面倒なら↑をコピペしてください。

デスクトップ1_004

右の方にある「インストール」をクリックしてください。

しばらく待ってると、、、

デスクトップ1_005

こんな画面になります。

下部にあるチェック欄にチェックを入れて、

「進む」をクリックしてください。

これで各種コーデックがまとめてインストール

されました。

スポンサーリンク

サーバーを日本のものに設定しよう

これは、しなくても問題はないのですが、

やっておいた方が無難なことです。

デスクトップ1_008

このように初期設定では、真ん中くらいにある、

「ダウンロード元」のところが、「日本のサーバー」と

なっています。

これはこれでいいのですが、

日本のどこのサーバーを使うかを指定しておいた方が

より安定して通信出来るので指定しておきましょう。

「日本のサーバー」となっている箇所は、

プルダウンになっているので、クリックすると、

デスクトップ1_009

このように各所の日本のサーバーが出てきます。

まあ、どれでもいいので一つ指定しておきましょう。

Ubuntuをインストールしたら、まず最低限やっておきたい

ことは、こんなところです。

次は、さらに使いやすくするために、各種アプリを

インストールしていきましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です