中古ノートのFMV-C8240にLinuxを入れて再生しよう〜実践編〜

FMV-C8240にLinuxを入れて再生しよう!

前回までの準備編に続き、今回は

インストール実践編です。

といっても超簡単です!

スポンサーリンク

 

それでは早速インストールしよう!

さて、前回BIOSの設定を終えて、

CD-Rを入れて、有線でつないで、BIOS画面から

出たところまでやりました。

そのまま読み込みを待っていると、

こんな画面が出てきます。

IMAG0199

そのままの状態でEnterキーを押してください。

押さなくても、数秒待てば次の画面に変わります。

すると、こうなります。

IMAG0201

また、しばらく待つと、、、。

CD-RからOSが起ち上がりましたね。

IMAG0202

この状態で、いろいろと動作を試すことが

出来るのですが、CD-Rで起動しているので、

動作が遅いです。

ハードディスクにインストールしてしまえば、本来の動きに

なりますので安心してください。

ここでは、軽く試す程度にして、サクッと左上にある

インストールのアイコンをダブルクリックして、

インストーラーを立ち上げましょう。

さて、インストーラーが起ち上がりました。

IMAG0203

日本語を選択して、「続ける」をクリックしてください。

IMAG0204

ここで、

4ギガ以上の空き容量があるか?
電源に接続されているか?
インターネットに接続されているか?

を自動で識別してくれます。

クリアされていない項目は、色が変わって教えてくれます。

親切ですね!

 

下にあるチェック項目は、インストール時にFlashやMP3などの

ソフトウェアを一緒にインストールするかどうかを選択出来ます。

通常は、icon-check2-gチェックしておいていいでしょう。

 

IMAG0205

続いて、インストールの仕方を選択出来ます。

 

すでにOS(Windowsや別のLinuxなど)が入っているのなら、

デュアルブートトリプルブートと言って、

2つ以上のOSを共存させて、起動時に選ぶことが出来るように

することも可能です。

ただし、そうなるとインストールの方法も複雑になるし、

失敗すれば、別のOSを消してしまったり、起動不可になってしまう

こともあります。

デュアルブート?いや一つのOSだけをクリーンインストール!

スポンサーリンク


ここでは、潔く今から入れるOS以外入れない、ということで、

ハードディスクをキレイに削除してからインストールする方法を

選択しますので、

2番目の「ディスクを削除してBasixをインストール」を選択します。

 

IMAG0206

警告が出ますが、恐れずに「続ける」をクリックしてください(^^)

 

IMAG0207

TOKYOでオッケーです。

 

IMAG0208

日本語キーボードが選択されていればオッケーです。

 

IMAG0209

「名前」と「ユーザー名」を入力すれば、

自動的に「コンピューターの名前」も決定します。

まあ、任意の名前を入れてください。

注意
パスワードなんですが、自分しか使わないのなら、 極簡単なものにしておいてください。 パスワードは、Linuxでは結構頻繁に入力を求められますので、 長いと入力がメンドーになります^^; 3文字とか4文字で、打ちやすいもので。 短い!と警告が出ますが無視してください。 あとで変更しようとすると、8文字以上じゃなきゃダメ! とOSに怒られます。

icon-check2-g「自動的にログインする」のチェックも入れておいてください。

 

ここまで来ればインストール完了まであとわずか!

IMAG0210

ここまで来れば、あとは自動でインストールが進みます。

コーヒーでも飲みながら、気長にお待ちください。

IMAG0211

と、思ってたらインストール完了です。

パソコンのスペックにもよりますが、今回の場合、

ここまでで15分から20分程度です。

早いですね!

「今すぐ再起動する」をクリックしてください。

IMAG0212

すると、こんな画面になり自動的にドライブが開き、

中のCD-Rが取り出せるようになります。

CD-Rを取り出し、ドライブを閉めたらEnterキーを押して、

再起動してください。

IMAG0213

再起動すると、こんな画面になりますので、

Enterキーを押してください。

まあ、押さなくても数秒たてば、OSが起動します。

 

起動しました!

初回のみ、このようにパスワードを求められます。

このままパスワードを打つと、何故かエラーになりますので、

ユーザー名の右のアイコンをクリックして、

IMAG0214

LXDEをクリックしてから、

IMAG0215

パスワードを入力してください。

 

これで無事に起動しましたね!

これでインストールは完了です。

お疲れ様でした!

とても簡単ですね。

IMAG0219

最初からインストールしてある、

システムモニター」というソフトで、

起動直後のメモリ使用量を計測したところです。

2ギガのメモリ中、たったの135メガしか使ってません。

軽いですねえ!!

ここまでやってきたパソコンへのLinuxのインストールは、

雑誌などでも詳しくやり方が書いてます。

中には、インストールDVD付きのものが

ありますから、そういったものを参考にするといいかもしれません(^^)

 

さて、このままではソフトも少なく、

使いづらいかもしれません。

次回から、いろんなソフト(アプリ)を追加したり、

設定をしたりして、使いやすいようにしていきたいと

思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です