ハードオフでゲットしたMacbookの激安ジャンク品a1181モデルにLinux起動編

着々と復活への道をゆく、ハードオフにて激安ジャンクとして購入したMacBookのa1181モデル。

さてお次は実際にLinuxをインストールしてみたいと思います。

スポンサーリンク

ついに電源ON!

前回の続きです。

さあ、いよいよこのジャンクMacの電源投入です。

と、その前にアダプターからの給電なんですが、

これ、かっこ良くないですか?接触部分はマグネット式になっててビタっとくっつきます。

Mac使いの人からすれば、なんてことないんでしょうが、私、これには結構驚きましたね。

2006年製のパソコンに、こんなカッコイイ仕組みが採用されているとは、、、、。

当たり前さ、そうMacならね。

とかって言葉が聞こえてきそうですな。

 

あ、脱線しました。

気を取り直して電源ON!!さあ出よ!ジョブズよ!!

ドゥーン!!、、、って言わないんですね、この機種。

Macと言えば起動時のあの「ドゥーン!!」っていう爆音があると思っていたんですが、肩透かしを喰らいました。

 

、、、というか画面真っ白け!

いや、でもこれってMacの特徴だったはず。確か以前に「iBook」のジャンク品を弄った時も、こんな感じだったよなあ。

そうそう、確か起動時に「C」ボタンを押しながら電源ONにすればCDやDVDからの起動が出来たはず!

ということで一度電源を落としてから、今度は「C」ボタンを押しながら再度電源をONしてみると、、、、。

あれ?何これ?!

なんかファイルマークが点滅してるんですけど、、、。

 

、、、あ、起動ディスクを入れるのを忘れてました。

ということは、このMac、通常に動作しているということ。

これは俄然楽しくなってきましたよ。

Ubuntu系の起動ディスクをセットアップ!

ということで、早速手持ちの「Basix3.0 32bit」のインストールDVDをMacBookに一度電源ONして挿入してから、一旦電源を落として再度「C」ボタンを押しながら起動しました。

来たー!!

超ピンぼけですが、普通にLinuxが起動しました。さすがIntel Mac!

そのまま通常のLive起動してみたところ。

うん、なんか面白いね。

白いMacとグリーンが基調のBasix3.0の組み合わせはなかなかいいですね。

 

とはいえ、これまでBasixばかりをいろんなパソコンにインストールしているので、たまには違うものを、ということで別のディストリビューションを今回はインストールしてみました。

で、選んだのは「Watt OS R10」の32bit。

 

これもBasixとほぼ同じコンセプトのもので、初期搭載されているソフトはほとんどありません。

私、こういうの好きなんですよね。

OSを自分好みに仕上げていけるのがいいんですよ。

早速インストール開始!!

スポンサーリンク

いつもの「Livecdの部屋」さんから日本語化されたものをダウンロードして、母艦であるデスクトップ機で「Watt OS R10」のインストールDVDをサクッと作成。

マウスと電源、有線LANケーブルを繋ぎ、インストールDVDを挿入して早速インストールを開始しました。

 

Live起動時の画面はこんな感じ。

 

何の問題もなくLive起動しました。

 

インストール時に気をつけることは、「キーボードレイアウト」の選択時に「日本語(Macintosh)」を選択するのを忘れないようにすることくらい。

あとは通常と一緒なんで簡単です。

あっさりとインストールが完了しました。

 

アップデートなどを行い再起動した、ほぼデフォルトの画面(こちらはスクリーンショットの画面)。

アップデート後に、何故か使えなくなってしまった音楽プレイヤーの「Lollypop」のショートカットはデスクトップ画面から削除しています。

 

うん、軽くてシンプルでBasix3.0と本当によく似ていますね。

動作も全く問題ありません。

内蔵無線LANも問題なく認識して使えます。

まとめ

IntelのCPUが積まれた、通称「Intel Mac」は、やはり何の問題もなく通常のLinuxがインストール出来て、普通に使えます。

また、さすがというべきかこの古いMacBookであっても、画面がかなりキレイで見やすいです。

 

そしてこれだよコレ!

これぞMac!電源入れると背面のリンゴマークが燦然と輝いてるじゃないですか!

 

よーし、こいつを持っていって前回中途半端に終わってしまった、

スタバでMacでドヤリング」(今さら?)のリベンジに行ってくんぞ〜!

 

と、本当に行くかは未定ですが、このままではイマイチMacっぽくない。

なのでよりMacっぽくするために次回はOSをカスタマイズしてみたいと思います。

続く!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です