もうひとつのChromium OS「CloudReady」を今さらながら試してみた!

%e7%af%84%e5%9b%b2%e3%82%92%e9%81%b8%e6%8a%9e_024

GoogleのOS、Chrome OSのオープンソース版のChromium OS。

これまでChromium OSカスタムビルド版を使って満足してましたが、もうひとつのChromium OSの「CloudReady」を試していなかったのでジャンクノートPCにインストールしてみました。

CloudReadyとカスタムビルド版との違いはあるんだろうか?

スポンサーリンク

ようやく試した「CloudReady」

実は「CloudReady」の存在自体は、だいぶ前から知っていました。

が、私はこのブログでも紹介している通りChromium OSは、「Chromium OSカスタムビルド版」が気に入っていたので、

 

まあCloudReadyも一緒だろう

 

ということで試していなかったんです。

 

CloudReady」と言っても、名前が随分違いますが要するに「Chromium OS」です。

Chromium OS自体、単純に「Chrome OS」のオープンソース版で、自由に誰でもパソコンなどにインストールして使うことが出来ます。

ただChromium OSって、素の状態をそのままパソコンにインストールして使う場合、非常に「スキル」が必要になってくるんですね。

 

そこで有志の方が「誰でも簡単に」パソコンにインストールして使えるようにしてくれたバージョンが沢山あります。

今回の「CloudReady」やこれまで紹介した「Chromium OSカスタムビルド版」などがそんなバージョンというわけですね。

他にもいくつかのバージョンが存在しています。

 

で、前々から「一度はCloudReadyも試してみないとなあ。」と思っていたのと、

ブログのほうに「CloudReadyを是非試してみてください。」とメッセージを頂いたので、早速試してみました。

まずは恒例インストールUSBの作り方

ということでインストールUSBを作成します。

CloudReadyの公式ページにアクセスします。

%e7%af%84%e5%9b%b2%e3%82%92%e9%81%b8%e6%8a%9e_015

下にスクロールしていくと、、、。

 

%e7%af%84%e5%9b%b2%e3%82%92%e9%81%b8%e6%8a%9e_016

ダウンロードは右側のリンクをクリック。

 

%e7%af%84%e5%9b%b2%e3%82%92%e9%81%b8%e6%8a%9e_017

今回は32bitをダウンロードしました。

 

ZIPファイル」がダウンロードされます。

お使いのパソコンに合うものを選んでください。

CloudReadyは、面白いことに「Chromeアプリ」の「Chromebook リカバリ ユーティリティ」というのを使えば、簡単にこのZIPファイルのままインストールUSBが作れるようです。

%e7%af%84%e5%9b%b2%e3%82%92%e9%81%b8%e6%8a%9e_019

早速「Chrome」を開いて、「Chromeウェブストア」から「Chromebook リカバリ ユーティリティ」を検索して「追加」します。

 

%e7%af%84%e5%9b%b2%e3%82%92%e9%81%b8%e6%8a%9e_020

うんうん、順調だよ順調。

 

で、アプリを開くと、、、、。

chromebook-%e3%83%aa%e3%82%ab%e3%83%90%e3%83%aa-%e3%83%a6%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%aa%e3%83%86%e3%82%a3_021

ジーザス!!なんてこったい、、、。

ここまでの作業を「Ubuntu」でやっていたのですが、急遽Windowsでやり直すことに、、、。

 

Chrome OS自体、Linuxをベースにしてんのにあんまりじゃないかよぉ!

 

とかブツクサ言ってても始まらないので続きをWindowsで続行です。(久しぶりに起ちあげた)

Windowsで続きをする!

スポンサーリンク

というか続きも何も「CloudReady」のUSB作成は、最初からWindowsでやりましょう。
あと、空のUSBメモリも挿しておきましょう。

ちなみに「CloudReady」を入れるUSBは「8GB」または「16GB」じゃないとダメですよ。
SanDisk USB3.0フラッシュメモリ 16GB ウルトラフィット USBメモリ 130MB/s SDCZ43-016G-GAM46
by カエレバ

 

では早速始めます。

snip_20161111111114

ほらね!Windowsだと普通に起動しますよ、、、。

 

snip_20161111111300

右上の歯車マークから「ローカルイメージを使用」を選択。

 

snip_20161111111410

先ほどダウンロードした「ZIPファイル」を選択して、使用するメディアのところも「空のUSB」を選択して「次へ」をクリック。

 

snip_20161111111428

「今すぐ開始」をクリック。

 

snip_20161111111448

はい、作成が始まりました。あとは100%まで待ちゃいいんでしょ?

 

snip_20161111111546

って、おーい!どこまで行くんだー!?

何故か100%超えて突っ走ってます。まあ普通に動いているんでいいんですがね。

 

しばらく放っておくと、、、、。

snip_20161111113320

はい、完成しました!

まとめ

まずは今回はUSBメモリの作成までです。

教訓としては「CloudReady」のインストールUSBの作成は「Windowsでやろう」です。

 

Windowsでやれば「Chrome」のアプリで作成出来ちゃうのが、物凄い簡単ですね。

さて次は実際にジャンクノートパソコンに「CloudReady」をインストールしてみます。

→「CloudReady」をジャンクノートにインストール!Chromium OSとしての特徴は?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です