超軽量!なKona Linux 2.3 blackをジャンクノートにインストールする方法

screenshot_from_2016-09-19-02_04_29

ビックリするほどの超軽量OSの「Kona Linux 2.3 black」をジャンクノートにインストールする方法を解説します。

勿論ジャンクノートじゃなくてもいいですが。

これだけ軽いOSならば、Windows Vista世代どころか、Windows XP世代のパソコンであっても再生・活用することが出来ますよ!

家に、使わなくなって処分に困った古いパソコンがある人は、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

今回インストールしたPCはこれ!

シャープのMURAMASAです。

このWindows XP世代のモバイルノートPCにKona Linux 2.3 blackをインストールしました。

インストールするための事前準備は割愛します。今回はUSBメモリからインストールしました。

ライブ起動するUSBメモリの作り方などは下記をご覧ください。

→超便利!Puppy LinuxをUSBメモリにインストール!UNetbootinを使おう

 

準備が出来たら早速開始です!

kimg0720

左下メニューから「システムツール」、「Kona Linuxインストーラー」と進みます。

kimg0721

kimg0722

kimg0723

kimg0724

kimg0725

kimg0726

ここまでは、特に何も考えずに全て「進む」を選択します。

kimg0727

次に「この後パーティションを操作してくれよな?」と言われるので、とりあえず「OK」をクリック。

kimg0728

表示された内蔵のHDDらしきものを選択して「OK」。

 

ポイント

このあとの選択肢でも言えるのですが、選択を決定したら必ずその選択するものを一度クリックして、カーソルを反転させてください。

じゃないと、いつまでも次に進めなくなりますので注意です。

 

kimg0729

GParted」が開きますので、各パーティションを「右クリックから削除」していき、全てのパーティションを消して、全部の領域を「未割り当て」状態にしてください。

デュアルブートなしで、HDD内全てを「Kona Linux」の領域にする場合です。

全部を消去したら、必ず上部の「チェックマーク」をクリックして実行します。

kimg0731

はい、こういう状態になりましたね。

 

ここで最重要ポイント!!

ここで、単に「未割り当て」状態のまま、この後のインストール作業を進めていくと、手順通りに進めるものの、インストール完了後の再起動のあと、OSが起動不可能になります。

なので、、、、。

必ずここで、上部タブの「デバイス」から「パーティションテーブルの作成」を実行してください。

「パーティションテーブルの作成」を実行したら次に進みます。

 

kimg0732

まずは「新規」で、「スワップ領域」を作成します。

画像のように、

icon-check3-r「ファイルシステム」を「linux-swap」に

icon-check3-r「サイズ」を「パソコンの搭載メモリ量(今回の場合は768MB)」に

設定して「追加」をクリックします。

kimg0733

そして残りの領域を全て、「ext4」に設定して「追加」をクリックします。

上部の「チェックマーク」をクリックして実行してください。

kimg0735

はい、こうなりましたね。

ここまで出来たら、右上のバツボタンをクリックして「GParted」を閉じてください。

まだまだ続きます!

スポンサーリンク

続いてはこちら。

kimg0736

「スワップパーテーションはどれにするんだ?」

と聞かれるので、さきほど「linux-swap」に設定してある「赤い領域」を選択して「OK」。

kimg0737

「Rootシステム」つまり「OS」をインストールするのはどこ?

と聞かれるので、さきほど設定した「ext4」の領域を指定して「OK」。

kimg0738

ここは当然「ext4」を指定して「OK」。

kimg0741

「Root」を選択して「OK」。

kimg0743

面倒でも、全部記入してくださいね。

ルートのパスワード」と「新ユーザーのパスワード」は別々のものにしましょう。
「新ユーザーの名前」と「ID」は同じものでも大丈夫でしょう。
「ホスト名」も適当に考えて記入してください。

kimg0744

「Grub」のインストール先を聞いてくるので、

「Master boot record of disk」を選択して「OK」。

kimg0745

「Yes」を選択します。

kimg0746

「Asia/Tokyo」を選択して「OK」。

kimg0747

最後に確認してくるので、良ければ「Yes」でインストールを開始してください。

kimg0748

インストールが開始されます。

kimg0751

終わったら「Yes」を選択して再起動しましょう。

再起動したらすかさず「BIOS画面」に入り「USBメモリ」を抜くのを忘れないように。

まだ終わりじゃない!あと少し!

再起動後、しばらくすると、、、、。

kimg0773

こんなポップアップが出ますので、必ず「はい」を選択して「追加パッケージ」をインストールしてください。

kimg0774

何やらたくさんインストールしてくれます。

 kimg0775

と、ここで嬉しいお知らせが!

このジャンクノートのCPUは「CeleronM 350J 1.3GHz」なので、てっきり「PAE」には対応してないと思っていたのですが、どうやら対応しているようです。

なので、言われるままに「PAE対応カーネル」をインストールしました。

kimg0776

どうやら無事にインストールされたようです。

kimg0777

ここまで来て、ようやく全てのインストールが完了しました!

kimg0779

あとは、右下に赤いビックリマークが出るので、クリックすると、、、、。

kimg0780

アップデートがたくさんあるので、実行します。

kimg0782

アップデートの完了後に「再起動」を促されますので、再起動します。

ここまで来たら、最後の仕上げに自動ログインの設定をしましょう。

再起動後に、一度ユーザー名とパスワードを入力してログインしたら、、、。

kimg0783

「設定」から「ログインの設定」と進み、

kimg0784

この画面で、自動ログインする「ユーザー名」にチェックを入れておきましょう。

これで次回からは、わざわざユーザー名とパスワードを打ち込まなくても自動ログインしてくれますよ。

これで全て終了です。

お疲れ様でした!

まとめ

「Kona Linux 2.3 black」は、「Debian系」なので、やはりインストールに関しては、よりユーザーフレンドリーな「Ubuntu系」に比べると、かなり面倒ですね。

とは言っても、この「面倒な」手順を踏むことによって、かなり軽量なOSをインストールことが出来るのですから頑張りましょう!

軽さと使いやすさのバランスが高次元で合わさっている「Kona Linux 2.3 black」。

ぜひ体感してみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です