【必読】ジャンクPCの再生・復活に必須!私のメンテ・清掃法!

ジャンクPCの再生や復活は楽しいですよね?

ジャンクPCは、いつもキレイなものにあたるとは限りません。中にはとんでもなく汚いものも、、、、。

でも価格・スペックを考えると、買わないわけにはいかない。
そんなときに役立つ、私のジャンクPCの清掃法についてご紹介します。

スポンサーリンク

清掃はジャンクPCの楽しみの一つ

皆さん、エンジョイ・ジャンクPCライフ、送ってますか?

ジャンクPC、中にはとんでもなくキレイで性能もいいのに、価格も何故かとんでもなく安いという、言わば「大当たり」の機種に巡りあうこともあります。

意外とそういう「お宝」に巡りあうことも少なくありません。

それはそれで「ジャンクPCの楽しみ」の一つでもあります。

とは言え、いつもそんなキレイで大当たりな機種に出会うワケでも、勿論ありません。

むしろ、「汚い」、「汚れている」だから「安い」、こっちの方が圧倒的に多いです。

ま、当たり前ですが。

となれば、そんな「汚い」、「汚れている」ものをキレイにすることが出来れば、かなりお得にいい機種を購入出来ますね。

私がいつも「ジャンクPC」を選ぶ基準として優先していることは、

icon-check3-g直せない故障があるかどうか?

icon-check3-gスペックはどうか?

icon-check3-g価格はどうか?

であって、「汚れ」というのはほとんど考慮していません。

「汚れ」は「キレイ」にすればいいし、この「汚れた」PCを「キレイ」に再生するのも楽しみの一つである。 いや、むしろ「汚れている」ことで、「安く」なり、さらに「楽しめる」なんてラッキーだ。

と、かなり極端な「格言」を披露したところで、私がいつもジャンクPCを購入しているときに行っている清掃法についてご紹介します。

ジャンクPCの清掃に必須なアイテム

まずは、私の「ジャンクPCの清掃」に欠かせない「神器」の紹介です。

KIMG0419

一つずつ見て行きましょう。

KIMG0420

1.洗剤革命
 

KIMG0421

2.パーマラックス
 

KIMG0422

3.ゴールドグリッター
 

KIMG0423

4.スプレーボトル(500Ml)2本 *ここには1本しか写ってないですが2本あったほうがいいです。
 

あとは、画像はないですが、「マイクロファイバータオル」が2枚ほどあれば完璧です。

このうちの2と3は、どっちかでいいです。 一応、2の方がより新しい製品なのでオススメではありますが。

洗剤革命」は数年前に「テレビショッピング」で話題になりましたね。

パーマラックス」と「ゴールドグリッター」は、いわゆる「カー用品」で「万能ワックス」という部類に入るものです。

「洗剤革命」と、「パーマラックス」もしくは「ゴールドグリッター」に共通すること。

それは、、、、。

基本的にかなり「薄めて」使ので、1度購入してしまえば、相当長持ちする

ことです。

さらにジャンクPCの清掃以外にも、いろんな用途で使うことが出来るのもポイント高いです。

多目的粉末洗剤 NEW洗剤革命2 300g
by カエレバ
Permaluxe パーマラックス 液体カーワックス 300ml
by カエレバ
ゴールドグリッタープラス
by カエレバ

清掃前の準備

では実際の使い方に行く前にまずは準備です。

まずは「洗剤革命」を使います。

KIMG0424

容器を開けると、中に専用の軽量スプーンがあります。

KIMG0425

この「小さじ」の方を使って、すり切り一杯の粉末をすくって、用意しておいたスプレーボトルに入れ、いっぱいまで水を入れてシェイクします。

これで「洗剤革命スプレー」が出来上がりました。

で、マイクロファイバーのタオルを水に浸し、この「洗剤革命スプレー」をまんべんなく吹き付けてから、固く絞ったもの(仮に「Aタオル」とします)を準備しておきます。

続いて「パーマラックス」または「ゴールドグリッター」の使い方ですが、「洗剤革命」と一緒です。

何度も言いますが、「パーマラックス」「ゴールドグリッター」はどっちでもいいです。 お好きな方を使ってください。ここでは便宜上「パーマラックス」とします。

KIMG0440

容器に付属の「キャップ」一杯まで「原液」をスプレーします。

この「原液」を、用意しておいたもうひとつの「スプレーボトル」に入れ、容器いっぱいまで水を注ぎ薄めます。

これで「パーマラックススプレー」が出来上がりです。

そして、この後も一緒です、

別のマイクロファイバータオルを水に浸し、「パーマラックススプレー」をまんべんなく吹き付けてから、固く絞ったもの(Bタオルとします)を用意しておきます。

ちなみに「ゴールドグリッター」や「パーマラックス」は、柑橘系の香りがして清潔感もアップします。

さて、準備は整いましたよ。

さあレッツ清掃!

スポンサーリンク

手順を簡単に言ってしまうと、「Aタオル」でフキフキして汚れを落としてから、「Bタオル」でもって仕上げるだけです。

使ってみると分かりますが、「Aタオル」での汚れ落としは、汚れを剥がしていく感じで、軽くこするだけでキレイになります。(勿論頑固な汚れには”こする”のも有効)

明らかに普通のウェットティッシュで”こする”のとは違います

また、「Bタオル」はもとはワックスなので、本当にキレイに仕上がりますよ。テカります。
多少の汚れを落としてくれるのも心強いです。

早速行きましょう。

まずは、数年前に購入した「ジャンクPC」に付属していた「キーボード」からいきます。

KIMG0417

こちらがビフォーです。

このままでは分かりづらいので拡大画像を。

KIMG0418

うん、結構汚れていますね。

これを「Aタオル」「Bタオル」で綺麗にしました。

アフターはこちら。

KIMG0426

KIMG0427

かなりキレイになりました。

別の時間帯に照明の元で撮った画像がこちらです。

KIMG0428

KIMG0429

ワックス効果でテカってます。

こうなると、使っていて気持ちいいです。

続いてはこちらの逸品です。

KIMG0430

わざわざハードオフにて、敢えて「汚れている」マウスを2つ買ってきましたよ。
(合計金額200円ですが)

いい感じに汚れています。(特に黒い方)

まずはビフォーです。

KIMG0431

KIMG0432

うげっ!!かなり汚え!!何この手垢?!(特に黒い方)

これを拭き上げます。

早速アフターです。

KIMG0433

何と言うことでしょう、、、、!(ビフォーアフター風に)

KIMG0434

KIMG0435

KIMG0437

KIMG0436

かなりテカってます。

見た目も然ることながら、触ったときの感覚が全然違います。

もうツベツべですわ。

仕上げの「Bタオル」を使うことで「柑橘系」の香りと共に、さわやかな使い心地まで手に入れることが出来ちゃいます。
まとめ

確かに最初からキレイなジャンクPCは気持ちがいいもんですが、ちょっとした清掃作業で「キレイ」にすることで、くたびれたジャンクPCを復活して再生する過程を味わうのも、なかなかオツなものです。

それも「ジャンクPC」の楽しみの一つではないでしょうか?

「洗剤革命」、「パーマラックス」もしくは「ゴールドグリッター」は、一度購入すれば、ずーっと長く使えて、ジャンクPCの清掃だけではなく、それぞれの本来の用途以外に、「多目的な」使い方が出来るので、私はもう数年前から愛用しています。

多目的粉末洗剤 NEW洗剤革命2 300g
by カエレバ
Permaluxe パーマラックス 液体カーワックス 300ml
by カエレバ
ゴールドグリッタープラス
by カエレバ

一度試してみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です