Remix OS 3.0登場!衝動買いしたジャンクなデスクトップにインストール!

衝動買いしたジャンクPC、富士通の省スペース型デスクトップのCE50X9に何をインストールしようかな?

ということで今回は、Android X86の進化版、Remix OSの登場したばかりの最新版「Remix OS 3.0」を選択しました。

デスクトップ機にアンドロイド?

この意外な組み合わせがなかなか面白いです。

スポンサーリンク

まずはインストール

Remix OSのインストール自体は超簡単です。
それは最新版の「Remix OS 3.0」でも変わりません。基本的に2.0のときと全く一緒です。

今回も2.0のときと同様、HDD内全部にRemix OSをフルインストールします。

まずは必要なものを用意しておきましょう。

必要なもの、それはUSBメモリ2つです。

icon-check3-gPuppy linux571jpが入ったUSBメモリ

icon-check3-gRemix OS 3.0のISOが入ったUSBメモリ

を用意してください。

2つ無ければ、安いのでこの機会に買っておくのもいいでしょう。

SanDisk(サンディスク) USBメモリー 親指サイズの小型設計 Ultra Fit USB3.0対応 最大130MB/s 32GB 海外パッケージ品 SDCZ43-032G-G46
by カエレバ

icon-check3-oPuppy linux入りのUSBメモリの作り方は、、、。

 

 

icon-check3-oRemix OS 3.0入のUSBメモリの作り方は、、、。

基本的に2.0とやり方は一緒なので、3.0のものと置き換えるだけで大丈夫です。

 

以上をそれぞれ参照してください。

ちなみに最新のRemix OS 3.0のダウンロード先はこちらです。

今ならトレントではなく、普通のミラーサイトからダウンロード出来ますよ。 「32bit」と「64bit」があります。私は32bitをチョイス。

そしてインストールの方法ですが、2.0のときと、全く一緒です。

なので、こちらの記事を参照してくださいね。

 

 

一点だけ、Remix OSを起動したときに最初に出る画面上で、「TABキー」を押すと、画面下部に文字列が出ます。その文字列を書き換えて「Enterキー」を押すと、インストーラーが起動します。

それは2.0のときと全く一緒だし、書き換える文字も全く一緒なんですが、その書き換える文字の直前の文字が2.0のときと違っています。

2.0の場合→「〜quiet」
3.0の場合→「〜logo=1」

となってます。

まあ、大したことではないですが、位置を間違えないように!

書き換える文字自体やその後のインストール手順は2.0と全く一緒なので、さきほどの2.0のときのインストール方法をよく見てください。

初期設定と日本語化にGoogle Playの導入

サクッと(本当にあっという間)インストールが完了して、内蔵のHDDから起動したら、英語を選び、Wifiの設定を済ませたら、晴れてRemix OS 3.0が使えるようになります。

Screenshot_20160801-004235

初期の壁紙もセンスいいですね。

 

Screenshot_20160728-170753

この方法でインストールすると、内蔵HDD全部がRemix OSとして使えます。
今回の場合ですと、160GBのHDDを使っているので、ご覧のように147GB分ものストレージ容量を使えるAndroidの誕生です。

大体こんな感じでHDD内にOSをインストールすると、システムで容量を使うので実際のHDD容量より少し減ります。 特に異常がるワケではありません。

まずは日本語化ですが、これも2.0のときと変わらないので簡単です。

Screenshot_20160801-004325

「Setting」から「Language & input」に進み、「Language」を「日本語」に変えるだけです。

ちなみにこれらのスクリーンショットは、初期状態で搭載されている、使いやすいスクショ機能で撮りました。 使い方は「PrtScnキー」を押すだけです。

このスクリーンショット機能、本当に使いやすいです。
「範囲の選択」から「取得した画像の共有」など、超簡単に出来ます。パソコンのスクショ機能って、このRemix OSのスクリーンショット機能が標準だったらいいのに、と本気で思うほど使いやすいです。

お次は「Google Play」の導入ですが、2.0のときよりもさらに簡単になりました。

Screenshot_20160801-004704

まずはこちらのアイコンをクリック。

Screenshot_20160801-004727

次に、この画面で「Yes」を選択するだけです。

Screenshot_20160801-004748

「Done」(オッケーだよ)と表示され、「再起動してね!」と言っているので、そのとおりにしましょう。

Screenshot_20160801-004828

再起動やシャットダウンはここから。とりあえず最初はシャットダウンの方がいいかもしれません。

で、再び立ち上げると、、、、。

Screenshot_20160731-155152

はい、「Google Play」のアイコンが登場してます。

ここで、「Google Play」を起動する前に、先にアカウントを登録しましょう。

Screenshot_20160801-005344

「設定」から「アカウント」に行き、「アカウントの追加」をしましょう。

アカウントを追加したら、「Google Play」を起ち上げます。

Screenshot_20160801-005531

たったこれだけで「Google Play」が使えるようになりました。

明らかに2.0のときよりも、設定が楽になってます。

すべての面で使いやすさが大幅にアップ!

スポンサーリンク

全体的に2.0よりも大幅に使いやすくなっている「Remix OS 3.0」。

分かりやすいところでは、最初から搭載されている「Chrome」が使いやすくなってます。

Screenshot_20160801-005843

このように、デフォルトで「モバイル仕様」の画面ではなく、「PC仕様」の画面レイアウトになっています。

パソコンにインストールするRemix OSでは、ブラウザがPC用の画面になっている方が圧倒的に使いやすいですからね。

もし、「モバイル仕様」の画面に切り替えて使いたいのなら、初期搭載されているアプリで切り替えることが可能です。

Screenshot_20160801-010019

こちらのアプリを起動し、、、、。

Screenshot_20160801-010034

ここで設定を選ぶことが出来ます。

いやあ、細かいことですが、かなり使いやすくなってます。

今なら3.0一択!

他にも様々なところで、2.0よりも大幅に使いやすくなった「Remix OS 3.0」。

これからパソコンにインストールしてみるならば、絶対に3.0の方がいいです。
もはや2.0を選ぶ必要はないでしょう。

そのくらい、使い勝手が向上してますよ!

ちなみに、、、。

Screenshot_20160728-170847

「タブレット情報」(どうやらタブレットとして認識してるようです)を見てみると、しっかりと「モデル番号」は「CE50X9」として認識してるのが面白いです。

ちなみにRemix OS 3.0は、「Androidバージョン」が6.0.1です。

さらに、、、、。

Screenshot_20160801-012721

Android恒例の「裏ワザ」。「タブレット(端末)情報」内の「Androidバージョン」のところをクリック連打すると、このような画面になり、

さらに真ん中の「絵」をクリックで押し続けると、、、、。

Screenshot_20160728-170950

ゲームが起動して遊ぶことが出来ます。

こんなところまで忠実に再現されていて面白いですね。

まだまだ紹介したいのですが、長くなったのでコチラの記事に続きます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です