【閲覧注意!】デスクトップ型ジャンクPC(CE50X9)の内部を開けると、、、。

先日、ハードオフにてWindows Vista世代の省スペース型ジャンクPCを激安でゲットしました。
比較的、外観がキレイだったこともあり、あまり深く考えずにチェックも兼ねてHDDを取り付けようと思い内部にアクセスしたところ、、、、。

今回の記事は、食事中の方や心臓の弱い方は【閲覧注意!】です(若干大げさ)。

スポンサーリンク

メンテナンスが楽なCE50X9

前回の続きです。

前回ハードオフで購入したCE50X9。

この手のデスクトップ機って「作り」がとても良く出来ていて、ホント感心させられます。

基本的には、

icon-check3-gあまり「工具」を使わなくても内部にアクセス出来るようになっている。

icon-check3-gその狭い内部にいろんなギミック(仕掛け)が仕掛けられている

icon-check3-g狭い内部に計算されたようにパーツが配置されている

ということに、いつもビックリさせられ感動すら覚えます。
これ作った人、絶対頭いいよね?っていつも思います。

良く考えられた「パズル」のような作りをしています。
ということで、このCE50X9も例外ではなく、基本的に工具を使わなくても内部にアクセス出来て、ネジ止めするのは、HDDの固定のみ、という素晴らしい作りになってます。

KIMG0383

本体を裏返し、土台の裏にある「手回しネジ」を2つ緩めて外します。

KIMG0384

土台を外して、本体をスライドさせると、そのまま外れて超簡単に内部にアクセス可能です。

たったこれだけで、内部がイジれるのですから、メンテナンスも楽ちんですね。

いよいよ内部にアクセスしてみると、、、。

さて、いよいよ内部を見ていきますよ。

KIMG0385

ほう、全体的にはキレ、、、ん??

KIMG0386

ぐぬう、、、。嫌な感じ、、、。

さてと、この先は苦手な人はご遠慮願います。


・・
・・・
・・・・

恐る恐るファンを外し、裏返してみると、、、!


・・
・・・
・・・・

KIMG0387

ぎにゃあ〜〜〜!!!!

汚え!!!

こりゃ酷い!ホコリの巣窟!!!

これまで、数々のホコリだらけのパソコンを見てきましたが、ここまで汚いのは初めてです。

外見のキレイさとは打って変わって唐突に広がる地獄絵図に、若干意識を失いかけましたが、なんとか踏みとどまりました。

いや逆にジャンクPC復活魂に火がついた私は、徹底的に清掃することにしました。

275H

不覚にもエアダスターが無いことに気づきながらも、「やってやるさ!」の精神で炎天下の中、家の外に出て、己の微弱な肺活量に物を言わすという、渾身の「ふーふー攻撃」を数分間続けたときは、もうダメかと危うく命を落とすところでした。

さらに秘技「ウェットティッシュ拭き上げ」により、怒涛のラッシュをお見舞いしてやりました。

そんな泥臭い闘いが終焉を迎え、フラフラになりながら、からくも勝利の2文字を手に入れた画像をご覧ください。

KIMG0389

どうです?かなりの「ビフォーアフター」ぶりではないでしょうか?

ホコリに完全勝利した後はHDDの装着とPCの設置

スポンサーリンク

さて、休んでいる暇はありません。

ホコリをあらかた清掃した後は、自宅に余っていた160GBのHDDの取り付けです。

KIMG0392

ここもギミックがあって、中々楽しい構造になっていましたが、ホコリとの闘いに若干疲れていた私は、ほとんど画像を撮ってませんでした。

ということで、清掃&HDDの取り付けは完了です。

続いて家に余っていた古いモニターとキーボード、マウスを引っ張りだして今回購入したCE50X9と共に所定の場所に設置しました。

KIMG0397

KIMG0398

さらに用意しておいた無線LANカードを差し込んで、準備は万端です。

KIMG0400

いよいよ電源をオン!

さて、ここまで来たら後はいよいよ起動するだけです。

威勢よく電源ボタンをスイッチオン!

ファンが回り始め、電源ランプが点灯!

ついに起動!!さあ、いでよBIOS画面よ!!

・・・・・。

あれ?画面が点かないんですけど。

何度やっても、ファンが回って電源ランプも点くものの、モニターとキーボードの電源ランプが点灯せず、画面は真っ暗のままです。

しばらく考えこんでしまいましたが、ある考えが閃きました。

こういうときは、内部の電池を疑おう!

ということで、写真は撮ってませんが、パソコンの内部に再びアクセスして、マザーボードに装着してある「電池」を一度外し、もう一度取り付けてみました。

そのあとは、ケースを元に戻して再び「電源オン」。

すると、、、、。

KIMG0393

ようやく無事に起動することが出来ました。いやあホッと一安心です。

このBIOSの電池をリセットする方法は、結構いろんな場面で使える手段なので覚えておくといいですよ。
次はOSをインストール

ようやくBIOS画面まで辿りつけたところで、次はいよいよOSのインストールです。

それにしても、やはりこのタイプの省スペース型デスクトップはファンの音も静かでいいです。

この手のタイプのパソコンの種類が多いショップはこちら。

 

さてと、このPCにどんなOSをインストールしようか?

OSなしのパソコンやジャンクPCに、インストールするOSを選ぶときが一番楽しいかもしれません。

どんなOSを選んだのかは、次回に続く!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です