WindowsではなくLinuxを使う意味は?OSシェア3番じゃダメですか?

世のパソコンは、Windowsが圧倒的なシェアを誇ってます。そんな中、敢えてLinuxを使う意味とは何でしょうか?

最近ではMacも増えてきていますから、
「パソコン = WindowsまたはMac」という世の常識の中、なんでまたLinuxを使うのか?

「OSのシェア、3番じゃダメですか?」

スポンサーリンク

はい!3番じゃダメです

知名度があまりにも低いので、確かに3番じゃダメでしょう。

リナックス?ウブントゥ?聞き取れなかったので、もう一度お願いします。

こんなもんです。

まずみんなLinuxやUbuntuのことは聞いたことすらありません。

なので、聞かれたときに、もう説明するのも面倒です。

そこまでマイナーな存在だと「Linuxを使っている」などと言おうものなら、

「なんであいついは聞いたこともないOSを使ってるんだ?」

と、変人扱いされてしまいます。

いや、まあ実際変人です、私の場合。

それはさておき、

マイナーすぎると、どんなに良いものであっても知られることがない

という悲しいことになってしまうので、もう少しシェアを獲得して欲しいものです。
そうすれば「変人度」も少しは下がるでしょう。

では、Linuxの何が良くて、使う意味は何でしょうか?

Linuxのメリットとデメリット

Linuxを使うことに当然メリットもデメリットもあります。

ざ〜っと挙げてみると、、、、。

icon-finger1-gメリット

icon-check3-g無料で使える

icon-check3-g使いやすい

icon-check3-gセキュリティが強靭

icon-check3-gたいがい何でもこなせる

icon-finger1-rデメリット

icon-check3-r情報が少ない

icon-check3-r使いにくい

icon-check3-r困ったときの対処法が分からない

icon-check3-rWindowsやMac専用のソフトは使えない(例外あり)

と、こんなところでしょう。

そのへんについては、これらの記事をご覧ください。

そして、Linux最大のメリット、使う意味、もしくは醍醐味ってやはりこれだと思います。

型遅れやサポートの終了により、スペック的にはまだまだ使えるのに、使い続けることが叶わなくなったパソコンを〜専用パソコンとして復活・再生できる

もう、これは本当にLinuxならではの醍醐味であり、使う意味が大有りだと思ってます。

スポンサーリンク

完全無料で「自分専用」や「子供専用」パソコンとして使える

家に「XP」や「Vista」世代のパソコンが余っているならば、完全無料で専用パソコンが完成します。

インストール方法はこのブログに説明があるので、見てもらえば「誰でも出来る」ハズです。

「Linux」と聞くと、やれサーバーだ、コマンドだ、と難しそうなイメージがありますが、そんなことは特に覚える必要もないです。

全く難しくなく、ちょっとやり方を覚えるだけで、誰でも出来るレベルです。

そして、家族内の共用パソコンとは別に、自分用、子供用などの「〜用パソコン」が気軽に用意出来てしまうという便利さは、一度経験するとハマります。

で、新しい命が吹き込まれたパソコンは、Windowsで出来ることは、ほぼ何でもこなせてしまうんですから「使える」ツールとして最大限活用出来ます。

で何に使うのか?

ネットサーフィンやネットショッピングなどは、このご時世、もはやスマホやタブレットの方がハッキリ言って手軽だし、便利です。

実際問題、そういった役割はスマホやタブレットに切り替わっていて、パソコンの出番というのは減っています。

じゃあ、そのLinuxパソコンは何に使うのか?

それは「クリエイティブ」な作業です。

パソコンは、何かを「つくり上げる」作業には非常に向いていますから。

スマホやタブレットでは「クリエイティブ」なことは限界があります。

だけどそれってどんなこと?

Linuxをインストールして、普通に使えるようになったパソコンで、どんなクリエイティブな作業が出来るの?

それについては次回、見ていきましょう。

スポンサーリンク

“WindowsではなくLinuxを使う意味は?OSシェア3番じゃダメですか?” への2件のフィードバック

  1. へべれけ より:

    >>ネットサーフィンやネットショッピングなどは、このご時世、もはやスマホやタブレットの方がハッキリ言って手軽だし、便利

    はあ?私は母用に買って結局自分で使うハメになった元から低パワーのラップトップがマルウェア入ったみたいでおかしくなって以来、四年使った貰い物のiPad 2にはほとほと嫌気が差し、Windowsにも愛想が尽きたんでUbuntuを使い出しました。
    タッチパッドの操作に熟達していないせいも多少あるでしょうが、スマホもタブレットもあの操作性は大嫌いです。それにローパワーだし、いちいちアプリをダウンロードして使えと来るし、ポップアップ以外の広告はブロックできないし。
    ウェブ上のサービスもスマホアプリを要求するInstagramなどはコメントする以外使っていません。

    • じゅんぼう より:

      コメントありがとうございます。

      >>ネットサーフィンやネットショッピングなどは、このご時世、もはやスマホやタブレットの方がハッキリ言って手軽だし、便利

      ↑いつでもどこでもサッと調べられて、買い物も1タップで出来るといった「手軽さ」に関してはスマホやタブレットは便利かと思ったので書きました。

      あくまでも外出時などでは「便利」というだけで、私も自宅にいるときなどは同じくUbuntuを使っていますよ。

      へべれけさんのおっしゃる通りで、セキュリティ的な観点やその他の操作性から見てもスマホなどよりもUbuntuを入れたパソコンの方が快適に作業出来ますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です