〜The Specials〜 Sublimeも憧れた2トーンブームの元祖な伝説のスカバンド

The Specialsは、「スカ」を語るうえで外せない伝説のバンドです。
「スカ」、「2トーン」と言えば「The Specials」なんです。

今も活躍する多くのミュージシャンやバンドに多大な影響を与えている偉大な連中です。
私の好きな、あのSublimeもかなり影響を受けています。

その音楽、ルックスは、今見ても「カッコイイ」の一言。その魅力は現在も色褪せることはありません。

スポンサーリンク

The Specialsの登場は1970年代後半

The Specialsはイギリスのバンドで、その登場は1977年です。

当時のイギリスは、極度の不況で街に閉塞感が漂い、それが引き金となり、人種問題や暴動など、様々な問題が勃発していました。

若者は、そんな気分を打ち消すために、有り余るパワーを「音楽」に求め、「パンク」が生まれ、大いに流行していました。

その反体制的な「パンク」のエッセンスから、新しい「ムーブメント」が誕生しました。

もともとあった「スカ」というレゲエがルーツの「音楽」に、「2トーン」という要素を注ぎ込み、昇華させた音楽の「2トーン・スカ」。

この「2トーン・スカ」の代表的存在で、若者の心をとらえたのが、「The Specials」でした。

「2トーン」って何?

「2トーン」という言葉は、The Specialsの中心人物の「ジェリー・ダマーズ」が作った造語です。

その意味には、2つの意味が込められています。

ひとつは、スカを好んでいた「スキンヘッズ」と言われる輩が着ていた格好が「白黒」のスーツやそれをアレンジしたものだったことからです。

そして、もうひとつが、当時のイギリスの労働者階級で人種的対立が生まれていた「白人」と「黒人」の「調和」や「強調」の意味が込められています。

まあ、そんな背景が「The Specials」が登場した時代にはあったんですねえ。

で、その「The Specials」が出したファースト・アルバムのジャケットがこれ。

42442

う〜ん、カッコイイ!!

しっかり「2トーン」してます。

音楽性は明るくのんびり

スポンサーリンク

そんなある種、重苦しい「時代」に登場したThe Specialsの音楽は、その背景とは裏腹に「明るい」雰囲気に満ちあふれています。

その「ギャップ」がたまらないです。

どこかで聴いたことがあるかもしれません。

テレビなど、いろんなところで使われていますからね。

ヴォーカルのテリー・ホールの独特な風貌と歌い方、しっかりとキャラがたってますね。

多くのミュージシャンに影響を与えた稀代のバンド

The Specialsは、音楽性の違いなどからメンバーの意見が対立し、絶大な人気を誇った期間というのは、短かったかもしれません。

しかし、その後世界中の実に多くのミュージシャンに強い影響を与えたのは、紛れもない事実です。

Sublimeも、そんなバンドのひとつで、The Specialsの名曲「A Message To You Rudy」のフレーズを自分の曲に取り込んだりしています。

世界中のバンドマンに強い影響を与え続けてきた「伝説のバンド」The Specialsの音楽は、この手の音楽好きにとっては、「必聴」ともいえるでしょう。


ぜひ入手して、高音質な「Vortexbox」などのPCオーディオに取り込んで、じっくりと聴きこんでみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です