Windows10なNEC LavieのHDD交換はフリーソフトでクローン作成を! その2

Windows10にアップグレード済みのカミさんのノートパソコン、NEC Lavie LS150DS1KBのHDD交換にフリーソフトのEaseUS Partition Masterを使って「クローンHDD」を作成する作業の続きです。

前回の作業で、外付けケースに装着した、新しい引越し先のHDDをパソコンに繋ぎ、EaseUS Partition Masterを起動したところまでやりました。

スポンサーリンク

早速作業の続き!

一応、前回までのおさらいです。

EaseUS Partition Master上で、2つのHDDを認識したら、ディスク2の方(新しいHDD)をまっさらな状態にするために、パーティション分割されているのを削除していきます。

snip_20160528225628

「未割り当て」以外の領域、つまりFドライブ、Gドライブ、「Other」となっている1.99GBの領域の3つのパーティションを一つづつ選択して、「操作メニュー」から「パーティションを削除」をクリックして削除していきます。

snip_20160528225716

こんな感じで、一回づつポップアップが表示されますので、その都度「OK」を選択して削除していきます。

snip_20160528230239

全部を削除すると、一つの「未割り当て領域」になりますので、今度はそれを「操作メニュー」から、「パーティションの作成」を選び、「パーティションラベル」に任意の名前と、「ドライブレター」に適当なアルファベットを割り当ててください。

snip_20160528225840

ここでは、「パーティションラベル」に「クローンHDD」と名付け、「ドライブレター」に「A」を選択しました。

次に、上部メニューバーに「ウィザード」がありますので、そこで「ディスククローンウィザード」を選択します。

snip_20160528230347

「ディスクをコピー」を選択して「次へ」をクリック。

snip_20160528230410

「ソースディスクを選択してください。」と言われるので、「ディスク1」を選択して「次へ」をクリック。

snip_20160528230901

しばらく「ディスク1」の状態をチェックします。終わったら「次へ」をクリック。

snip_20160528230957

「あて先ディスクを選択してください。」と言われるので、「ディスク2」を選択して「次へ」をクリック。

snip_20160528231026

「ディスクを編集してください。」と言われます。良く分からんので、下の「SSDを最適化」にチェックだけして「次へ」をクリックしました^^;

snip_20160528231106

すると、こんな画面になりますので、注意書きを良く読み、「完了」をクリック。

snip_20160528231324

「操作の予約状況」が表示されます。ディスク2を確認すると、7.85MB分だけ「未割り当て領域」が残っていますが、あとはしっかりと「コピー」されているので、良しとします。

このあたりは、結構適当です(笑)

snip_20160528231400

そして最後にメニュー左上にある「実行」を意味するチェックマークをクリックして完了です。

この後は、再起動して黒い画面にテキストだけのモードになって、クローン作業が始まります。 ここからは、かなり時間が掛かるので、夜寝る前にここまでやっておき、そのまま放置するのをオススメします。

夜が明けて目覚めたらクローンHDDの完成!

スポンサーリンク

朝起きると、Lavieが普通に起ち上がってました。

「どれどれ?ちゃんと出来てるのかい?」

snip_20160529161030

作業前と比べると、「NEC-RESTORE」がFドライブとして認識されているのが分かります。

「多分大丈夫だろう!」

ということで、とりあえずシャットダウンして、一晩起ち上げっぱなしだったので、しばらくパソコンを休ませました。

数時間経ってから、いよいよHDD交換作業を開始です。
といっても、NEC Lavie LS150DS1KBの場合、作業はむちゃくちゃ簡単でした!

HDDの交換に着手!!

まずは、パソコンを裏返します。

KIMG0228

さて、ハードディスクはどこにあるのかなあ?と探してみると、、、、。

ありました!

KIMG0229

バッテリーを外した箇所の側面にひょっこり顔を出してました。
変わった場所にありますね。

上部2本のネジをドライバーで外し、HDDに付いているセロハンを持って引き出せば、難なくアクセス出来ました。

KIMG0230

あとは、HDDケースから引越し先の「新しいHDD」を取り外し、この場所にあった「古いHDD」を外して「新しいHDD」の方を、ここに取り付ければ完成です。

さて、ちゃんと起動するのだろうか、、、、。
ドキドキしながらパイルダーオ、、、いや、スイッチオン!!

KIMG0231

お?オオッー!!

はい、無事にWindows10が起動しました!

起動してから、すみずみまでチェックするも、特に問題ないどころか新しいHDDということで、動作もサクサクして気持ちいい!

今回は、完全に成功です!
やって良かった〜。

HDDの引っ越しはフリーソフトで十二分!!

今回、フリーソフトのEaseUS Partition Masterを使って、HDDのクローンを作成し、新しいHDDに「環境をそっくりそのままコピーする」ということにトライしました。

やってみて思ったのは

HDDの引っ越しはフリーソフトで十二分である!

といことです。

EaseUS Partition Masterは、これで無料でいいの?というくらい高機能な上に、UI(見た目)も非常に分かりやすく、操作に迷うことなく進められました。

こういった作業って、ただでさえ「難しい」イメージの中で進めていかなければならないので、操作やUIが「分かりやすい」ということは、かなり大事な要素だと思います。

 

HDDは消耗品です。

なんか最近調子悪いなあ、と感じたら早めに新しいHDDに換装した方が安心で快適ですよ。

HDDを換装するとなったら、このEaseUS Partition Masterがあれば、安心して環境を移すことが出来ますのでかなりオススメです。

ちなみにEaseUS Partition Masterは、さらに高機能な有料版もあります。

icon-check3-gEaseUS Partition Master Professional 
¥4,980

無料版で気に入ったら、こちらを購入するのもアリですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です