シャープの1bitデジタルアンプ搭載のSD-CX10をジャンクで入手

シャープ製1bitデジタルアンプ搭載のミニコンポのSD-CX10を数年前に入手しました。

もちろん、ハードオフのジャンク品です。

もう何年も使ってますが、なかなかいい音ですよ。

スポンサーリンク

かなりイケてるデザイン!

今、何かと話題のシャープです。

ホンハイの軍門に下ったようですね。

日本の電化製品を扱う、有名メーカーがアジアの企業に買収される日がくるとは、、、。
日本のモノづくりに与えたショックは尋常ではないでしょうね。

それはさておき、SD-CX10です。

KIMG0120

これ、かなりかっこ良くないですか?

2002年発売と、かなり古いのですが、今見ても格好いいデザインだと思います。

SD-CX10は、デザインだけじゃありません。

シャープお得意の「1bitデジタルアンプ」を搭載しています。

KIMG0121

このSD-CX10は、数年前にジャンク品で購入しました。

リモコンなしで、確か2000円ほどで購入したと思います。

SA-PM48のときのように、ヤフオクでリモコンを安価に購入し、またスピーカーをONKYOD-SX9Aというものに交換しています。

シャープの1bitミニコンポの音質は?

スポンサーリンク

見てのとおり、純正のスピーカーではないので、SD-CX10の純粋な評価ではないのですが、「キレイな音」ですね。

音の評価をするほど、耳が肥えていないので、なんとも説明しづらいんですが、分かりやすく言うと、

高音がキレイになっていてクセがなく、その分、低音に迫力がないかなあ?

こんな感じですね。

ただ、こういうのって、スピーカーによってだいぶ変わりますからね。

現状の「高音がキレイでクセがない。」のは、個人的に気に入っています。
そして購入から何年も使っています。

さて、そんな結構気に入っているSD-CX10ですが、一応「CD」と「MD」が聴ける仕様になってます。

ただ、私はこのコンポで「CD」も「MD」も、そして「ラジオ」も聞きません。

また2002年発売なので、当然、「USB」も「SDカード」のスロットもありません。

じゃあ、どうやって使ってるかというと、、、。

それは「PCオーディオ」です。

PCオーディオのアンプとスピーカーとして使用!

このSD-CX10には、背面に入力端子が、それなりに揃ってます。

KIMG0122

と言っても

icon-check3-gアナログ入力

icon-check3-gデジタル入力

この2系統ですが。

いや、自分的には、この2系統さえあれば、充分です。

さらに、SD-CX10は、デジタルアンプを搭載していますので、消費電力が抑えられています。

PCオーディオを構築するときに考えたのですが、音楽を聴くときにパソコンとオーディオの電源を立ち上げなければならないので、双方の電力はなるべく抑えたかったんです。

というわけで自分的にはSD-CX10は、PCオーディオに最適だったんです。

さて、次はPCオーディオに必須な「USBインターフェース(USB-DAC)」について触れていきます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です