「バイオW」PCV-W101〜パソコン改造の楽しさを教えてくれたPC〜

「バイオW」 PCV-W101。
私にとっては、忘れることの出来ないパソコンです。

お洒落パソコン」(そんな言葉あるのか?^^;)の先駆けとも言える、この省スペースデスクトップ機のおかげで、私はパソコンイジりや改造の楽しさに目覚めたのですから。
(なんか、こう書くとアブナイものに目覚めた感じですね。)

スポンサーリンク

使い倒したパソコン「バイオW PCV-W101」!

範囲を選択_043

これです、これ!

発売は2002年2月9日ですが、登場時そのカッコよさにしびれ、発売日に購入しましたよ。

当時、画期的なカッコよさで、かなりヒットしたモデルです。

これを使い倒しましたねえ。

といっても、インターネット主体ではなく、あくまでも音楽アルバムを「CD-Rに焼く」という使い方です。

もうね、私のパソコンの使い道は、それだけだったんです(笑)

その当時は、会社の寮暮らしで、転勤も結構あり、
面倒なのでインターネットには、有線ではなく、AirH”(懐かしい、、、。)で繋いでいたんです。

AirH”についてはこちら。

AIR-EDGE(エアーエッジ、旧表記AirH”) は、ワイモバイル(旧社名DDIポケット→ウィルコム)がDDIポケット時代の2001年6月1日より提供している、PHS回線を利用したパケット通信による、定額制または準定額制の、IPデータ通信サービスである。

ウィキペディアより

いやあ、遅いのなんのって^^;

画像が少し多いサイトを閲覧しようにも、表示が完了するまでヒドイときには、ホントに10分以上掛かったりしてました。

なので必然的にインターネットが主体じゃない使い方になっていったんです。

いつもの如く「独自路線好き」なSONY

で、バイオWは、SONYです。

SONYと言えば独自路線を走るのが大好きなメーカーですね!
VHS対ベータメモリースティックなど)

このバイオWには、音楽ソフトとして

SonicStage (ソニックステージ)

という、とてもイカしたソフトが同梱されていたんですが、このソフトで音楽ファイルを作成すると、、、。

ATRAC3

という、SONY独自の音楽ファイルしか作れないんですよ。

当時、普及し始めていた「MP3」ファイルがつくれませんでした^^;

それでも当時の私は「まあ、いいや」で終わり、CD-Rにコピーする、「複製」ならファイルは関係なく、再生できるので、あまり気にせず、せっせとCD-Rに焼いて楽しんでました。

それからしばらくはパソコンから離れた生活を送る

スポンサーリンク

バイオW PCV-W101を購入後、1〜2年はそんな使い方で楽しんでましたが、それからしばらくすると、サーフィンやスノボにドップリで、パソコン自体全く使わなくなっていきました。

そして、購入から5年後の2007年頃、部屋に光回線を導入したのをキッカケに再びバイオWを使い始めたのですが、、、、。

すでに化石状態、、、、。

その当時、Youtube(Googleに買収される前のなんでもありだった頃)が流行り始めていました。

で、当然バイオWで見るんですが、動画ではなく、「紙芝居」状態でした^^;

要するにスペックが全然足りてないワケです。

icon-arrow1-rバイオWのスペック

OS : Windows XP Home Edition
プロセッサー : インテル Celeron プロセッサー 1.20 GHz
メモリー : 256MB
ハードディスク : 約40GB
ドライブ : CD-RW/DVD-ROM一体型ドライブ
メモリースティック : メモリースティックスロット

そもそも、Youtube以前に、MP3が作成出来ないし(今思えばSonicStage以外のソフト使えばばいいのに、、、^^;)、ハードディスクの容量が40GBでは、大好きな音楽を楽しめない。

そんなわけで、音楽専用にジャンクPCを購入し、Linuxにハマるきっかけになりました。

それはそうと、このバイオW PCV-W101もなんとかしたい!
こりゃなんとかせんとイカン!

というわけで、自分で弄くり倒してメモリー交換増設ハードディスク交換までやりとげました!

いやあ楽しかったし、それを通じていろいろと学ぶことが出来て、とても有意義でしたね。

とくに最初にメモリを256MBから512MBにしたときの、パソコンのサクサク度には、

早い!メモリを増設するだけでこんなにも変わるのか!!

と、エラく感動したもんです。

このバイオW PCV-W101は、最終的には、

icon-check3-gメモリ 1GB

icon-check3-gハードディスク 120GB

まで進化させました。

で、Youtubeを見ると、、、、。

相変わらず紙芝居^^;

やはりパソコンは、「CPU」が最も重要だということを思い知らされましたね。

でも、この気に入って購入したバイオW PCV-W101をなんとか使いたい!

と思って、いろいろ弄ったおかげで、知識も増えましたし、型落ちのパソコンでも使い倒すという、今の私の原点になっているんですよね。

今は手放して、手元にありませんが、バイオW PCV-W101は、忘れられないパソコンですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です