Android-X86は使えるのか?使えないのか?実際に動かしてみた

DELLのジャンクノートVOSTRO1000にインストールしてみた
Android-X86のバージョン4.4-r5。

これって使えるの?使えないの?

実際にしばらく使ってみました。

スポンサーリンク

起動直後から●●と表示が、、、、。

前回記事でも書きましたが、起動直後から、

問題が発生したため、Googleアプリを終了します。

とメッセージが結構頻繁に出てきます。

それだけでかなりうっとおしいんですが、

さらに、Googleの各サービスを使おうとすると「停止」してしまうことが
非常に多いんです。

全部が使えないワケではありませんが、
使えたとしても、例の

問題が発生したため、Googleアプリを終了します。

のメッセージが連発するので、非常に使いづらいです。

とりあえず、検索してみると、いろいろ対処法が書いてあります。

その中から、まず

Googleの同期機能を停止または制限する

と良いらしい。

そんなわけで、とりあえず

スクショa

こんな感じで、使わないGoogleサービスの自動同期をしないようにしました。

それと、参考にしたのがこちら

これ、スマホでの対処法ですが、Android-X86でもイケるかも?
と、とりあえず実行してみました。

再起動して確認してみると、、、。

どちらの手法が効いているのか分からないのですが、
とりあえず例の

問題が発生したため、Googleアプリを終了します。

は、だいぶ出現率が減りました。

が、完全になくなったワケではありません。

さらに問題は続く、、、、。

スポンサーリンク

インストール直後のデフォルトの壁紙は、こんな感じ。

Screenshot_2016-03-17-03-09-01

ところが、何回か使っているうちに、いきなり、、、、。

Screenshot_2016-03-17-03-39-19

壁紙がなくなり、真っ黒状態に、、、、。

またしばらく使っているうちに、戻ったりと、とにかく安定しません。

また、インストール直後は、日本語入力が出来ないです。

なので、アプリの「Google日本語入力」をインストールして、
「設定」から「言語と入力」に行き、

Screenshot_2016-03-17-13-25-17

こんな感じで、正しく設定してあげると、日本語入力が
出来るようになるんですが、、、、。

普通のパソコンのように、半角/全角キーで入力モードが切り替わらないんです。

なんだか使い勝手が良くないですね。

確かにいいところもあるんですが、、、、。

まず、何と言っても「Playストア」から、気軽にたくさんのアプリを
インストールして楽しむことが出来るのはやっぱりいいです。

もっと使えないかと思っていただけに、これは誤算でした。

ただ、やはりインストールは出来ても起動出来なかったアプリもありました。

ちなみに、私の環境では「Chrome」が起動出来ませんでした。 これはイタイですね。

また今回、VOSTRO1000にインストールしましたが、15.4インチの大画面で
キーボード付きで「Android」を操作出来るのは、
単純に新鮮で見やすくて非常に良かったです。

ただ、前述の通り、入力がイマイチなのと、不具合の多さがネックで、
常用は厳しいなあ、と思いました。

他のバージョンなら大丈夫かもしれませんし、相性もあるのかもしれません。

まあ、今後に期待といったところでしょうね。

スポンサーリンク

“Android-X86は使えるのか?使えないのか?実際に動かしてみた” への2件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    現役で使うには難しいですが、お遊びとしてはいいですね
    やっぱりアンドロイドはスマホに限りますね

  2. じゅんぼう より:

    訪問、コメントありがとうございます。

    そうですね、Androidはモバイル用のOSなので、カメラアプリなどを考えると、やはりスマホでの使用を前提に作られていますが、「遊び」として使うと結構面白いですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です