Android-X86をDELLのジャンクノートにUSBメモリでインストール!

AndroidX86は、Googleのスマホ用のOSの「Android」を通常のパソコンにインストール出来るようにカスタマイズされたOSです。

これをジャンク品で入手したDELLのノートパソコンVOSTRO1000にUSBメモリを使ってインストールしました。

実際のインストール方法です。

スポンサーリンク

使用したAndroidX86のバージョンは「4.4-r5」!

前回の記事で、DELLのジャンクノートのVOSTROに入れようとしていた「アレ」とは「Android-X86」だったんです。

本当は「Android-X86-6.0」が良かったのですが、、、。
試したところ、動きませんでした^^;

なので、「4.4-r5」にしました。

何気にこの「4.4-r5」、現時点で最新版です。
日付を見ると、「Android-X86-6.0」よりも新しいです。

まず、このISOファイルをパソコンにダウンロードします。
ダウンロードはこちらから。

次に、これを「UNetbootin」を使って、USBメモリにインストールします。

やり方については、過去記事を参照してください。

Puppy Linux 571jp」を「Android-X86-4.4-r5」に置き換えるだけです。
あとは全く一緒ですので簡単ですね。

実際にAndroid-X86をインストール!

では前回同様、BIOSで起動順位をUSBメモリからに設定し、出来上がった「Android-X86」が入ったライブUSBメモリをVOSTRO1000に差し込んで起動します。

KIMG0074

この画面が出るので、真ん中の「Installation」を選択。

KIMG0075

sda1 ext3 を選択。

KIMG0076

前回の記事で、ext3でフォーマットしてるので、
「Do not format」を選択します。

KIMG0077

「GRUB」をインストールしますか?と聞いてくるので、「Yes」を選択。

KIMG0078

「EFI GRUB2」も一緒にどうだい?と聞いてくるので、今回は「Skip」を選択します。

インストールを試すパソコンが新しいものなら、「Yes」の方がいいでしょう。 今回試したVOSTRO1000の場合、そこまで新しくないので、 「No」で大丈夫でした。

スポンサーリンク

KIMG0079

読み書き出来るようにするかい?と聞いてくるので当然「Yes」です。

KIMG0080

インストールが開始されます。

KIMG0081

「あっ」と言う間にインストールが完了します。

「Reboot(再起動)」を選択して「OK」で完了です!

KIMG0082

再起動するので、F2キーでBIOS画面を表示して、起動順位を元に戻して(お好みです)、USBメモリを抜いて、設定を保存しておきましょう。

ちなみに、このインストール方法は「Remix OS」でも、ほぼ一緒です。 Android X86系のインストーラーは同じものらしいので、覚えておくといいですよ。

 

 

さあ、いよいよAndroid起動!!

KIMG0083

いよいよ内蔵のハードディスクから「Android]が起ち上がります。
(自分が写っちゃってるし^^;)

あとは、日本語を選択し、WIFIを選びパスワードを入力して繋げたり、通常のAndroidと同じなので迷うことはないと思います。

KIMG0088

このように、途中で

問題が発生したため、Googleアプリを終了します。

と、数回表示されるかもしれません。ちょっと気になりますが、今は気にしないでおくことにします^^;

KIMG0091

Googleアカウントなどの各種設定をしていき、最終的にこの画面が表示されましたら完了ですね。

さあ、実際の使用感については、次回に続く!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です