DELLのジャンクノートVOSTRO1000に「アレ」をインストール!準備編

DELLのノートパソコンVOSTRO1000が我もとに。

このVOSTRO1000は、DELLのビジネスユースなノートパソコンです。

このパソコンにどんなOSをインストールしようか?
と考えていたのですが、ちょっと珍しい「アレ」を
インストールすることに決めました。

スポンサーリンク

スペック的にもまあまあイケるノートパソコン

まずは、VOSTRO1000のスペックについて。

CPU   Athlon 64 X2 TK-53 1.7Ghz
メモリー    PC2-5300 2GB
ハードディスク    80GB
液晶    15.4型非光沢 WXGA

こんな感じです。

VOSTRO1000は、2007年7月発売なのですが、

icon-check3-gデュアルコアCPU

icon-check3-gメモリ2GB

icon-check3-g15.4インチ液晶

と、もろにビジネスユースを連想させる地味な真っ黒ボディ
に、スペック的にはまあまあイケる性能を持っています。

このノートも以前にジャンク品で購入していたものなんですが、
Ubuntu系のOS,BASIXをインストールして知人に差し上げたものです。

知人が新たにパソコンを購入したため、不要になり、
今回、私の元に帰ってきたわけです。

KIMG0061

KIMG0062

結構、キレイな状態です。

さて、たまには毛色の違うOSでも入れてみるか

たまには変わったOSでも入れてみよう!

ということで、「アレ」をインストールすることを思いついたので、
準備を進めます。

今回のVOSTRO1000は、USBメモリからの起動に対応しているので、
前回の記事で作成した、Puppy Linuxが入ったライブUSBメモリを
活用していきます。

まずは、データの消去から始めます。

背面にUSBの差し込み口があるので、そこにライブUSBメモリを差し込みます。

KIMG0063

向かって左側がPuppy Linux入りのUSBメモリです。

右のUSBは、Linux系で挿しただけで使える無線LAN子機です。 この私のVOSTRO1000には、無線LANが内蔵されていないので。 (Linuxで使える無線LAN子機については過去記事参照

この状態にしてから、おもむろに電源を立ち上げ、すかさず、「F2」キーを
押してBIOSに入ります。

Bootメニューから、起動順位をこのように変更します。

KIMG0064

 

変更を保存して再起動します。

Puppy Linuxをライブ起動してハードディスクの内容を消去

スポンサーリンク

まずはPuppy Linuxの起動です。

KIMG0065

上から2番目の「Precise Puppy 5.7.1jp」を選択。

KIMG0066

しばらく待っていると、すぐにPuppy Linuxが起動します。
それにしても早い!です。

KIMG0067

次に、システムメニュー内の「GParted」を起動します。

KIMG0068

起動後に、ハードディスクの中身を削除します。

KIMG0069

削除後の「未割り当て」を「ext3」でフォーマットします。

KIMG0070

「適用」をクリックして実行します。

KIMG0071

はい、出来上がりましたね。

ここまで終わったら、「GParted」を終了して、シャットダウンしてください。

KIMG0072

「変更内容を保存しない」にしてください。

KIMG0073

シャットダウンしたら、USBメモリを抜いて、「アレ」がインストールされている
別のUSBメモリに差し替えておきましょう。

さあ、これで準備は完了です!

次は、いよいよ「アレ」をインストールします。

続く!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です