自作パソコンはジャンク品とLinuxで!費用もかからずオススメなり

自作パソコンを作るのに、ジャンク品で組み立て、OSにLinuxを導入。

これ、費用も安上がりで、そこそこ性能も良く、使えるパソコンに出来、
コストパフォーマンス的にかなりオススメの方法です。

何より楽しく出来て、かつパソコンに詳しくなれます。

やってみると、ホントに面白いですよ!

スポンサーリンク

ジャンクパーツを主に組み立てたメインのデスクトップ

私はLinux、Ubuntuの魅力にハマり、パソコンをいっぱい持ってます^^;

ノートパソコンもあり、デスクトップもあり、Windows機もあれば、
Linux機もあります。

中でも、一番高性能なデスクトップ機は、ジャンクパーツで組み立て、
OSにLinux(Ubuntu)をインストールしています。

外観はこんな感じ。

KIMG0055

KIMG0056

これが使えるんですよね〜。

うちで一番高性能と言っても、数年前に組み立てたので、
最新のパソコンと比べたら、だいぶ見劣りしますけどね^^;

でも、現状、全く不満はありませんよ。

そして、このPCに使ってるパーツで新品のものは、
なんと「CPU」のみです。

構成はこんな感じです。

CPU  AMD A6-3500 (唯一の新品。6500円ほどで購入)
メモリ  DDR3 8GB (中古品。4000円?くらい)
マザーボード  GIGABYTE A75M-UD2H (中古品。3500円くらい)
電源  (ジャンク品。1500円)
DVDマルチドライブ  (ジャンク品。500円)
マルチカードリーダー (ジャンク品。300円)
PCケース  (ジャンク品。500円)
キーボード、マウス  (ジャンク品。それぞれ100円)

ざっと、全部で17000円といったところです。

スポンサーリンク

ちなみに電源は、背面を覗くと、消費電力が表示されるという
なにげにリッチな機能がついてます。

KIMG0057

これにOSは、完全無料のUbuntu14.04 64bitをインストール
しています。

KIMG0058

ジャンクパーツの入手先はほぼハードオフ!

私の場合、ジャンクパーツは、ほとんどハードオフで手に入れてます。

ハードオフには、店の奥のほうに、「ジャンクコーナー」があり、
青いプラスチックの箱に、ジャンク品がたくさん眠っています。

そこでよくゴソゴソとお宝を掘り起こしてます(笑)

本当にガラクタだよ!というものもあれば、けっこうなお宝がありえない
価格で眠っている場合もあります。

壊れていて全く使えないものも中にはありますが、
結構な確率で普通に使えるものが多いんですよね。

ジャンク品も上手く使えば、かなりコストパフォーマンス高いですから。

使わない手はありません。

私が良くジャンクで購入するのが、

icon-check3-gノートパソコン用の無線LANカード

icon-check3-gUSBケーブル

icon-check3-gキーボードやマウス

などです。

これらは、まあ店によって値段が違うかもしれませんが、
私の住んでいる地域にあるハードオフでは、
大体100円から300円で購入出来ます。

パーツに掛かる費用を抑えたい、かつジャンク品に抵抗がないならば、
ジャンク品の活用はオススメですよ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です