Puppy LinuxをインストールしたX40の使い道を考えてみた

さて、Puppy LinuxをインストールしたThinkpad X40を一体どう使うか?

超軽いPuppy Linuxをインストールしたことで、かなりサクサク動くパソコンになりました。

とは言え、スペック的にはかなり見劣りしますので、使い方も限定的な用途に絞っていきたいですね。

スポンサーリンク

このスペックで何が出来るか?

前記事でも書いた通り、このX40は、

CPU PentiumM 1GHz

 メモリ 768MB

です。

このPCにインストールした「Puppy Linux」がとても軽いので、このスペックでもサクサク動いてくれます。

それでも最近は、ブラウザが進化して、重くなってきていますので、最新のChromeなどは、かなり厳しいでしょうね。

そんなわけで、Puppyに最初からインストールしてあるブラウザ、「Opera」を使ってみると、結構軽いです。

Youtubeを再生したところ、あまり高画質でなければ、なんとか再生してくれましたね。

また、普通に検索する程度なら機敏に動いてくれるので、ストレスもないです。

ただ、Webアプリを頻繁に使ったり、動画を見たりなどの、ヘビーにブラウザを使うのには向いてないでしょう。

となるとやはり音楽か?

このX40は、「8ギガのCFカード」にPuppy Linuxをインストールしているので、容量が少ないです。

その反面、CF化によって、ハードディスクの駆動音もなく、発熱も抑えられファンが回ることも少ないです。

そうなると、音楽の再生には非常に向いているPCということになります。

そして、X40には、SDカードスロットがあります。

KIMG0025

これを利用すれば、少ない容量をカバー出来ます。

SDカードって今ホントに安いですからね!

Toshiba SDHC カード 東芝 超高速 Class10 UHS-I 並行輸入品 (16GB, B)
by カエレバ

早速、手持ちのSDカードに音楽を別のパソコンでコピーし、このX40に差し、ヘッドフォンで音楽を聞いてみましたがなかなかいいです。

ちなみにPuppy Linuxには、「Pmusic」という音楽プレイヤーが入っていますが、使い勝手がいまいちなので、同じく最初から入っている、

「GNOME-Mplayer」

という動画プレイヤーで音楽を聞きましたが、こっちの方が使いやすいですね。

スポンサーリンク

あ、そうそう。
このX40には内蔵の無線LANもなかったので、

いつものこいつを、、、、。

KIMG0020
ハードオフで108円で調達して、、、。

KIMG0022

このように使ってます!
ハードオフ、使えますね。

あとはやはり文書作成!

このX40は、やはりキーボードが打ちやすく使いやすい上に、大きさが絶妙なので持ち運びがしやすいです。

どこでも移動して、文字打ちに専念出来るノートパソコンとして活用するのが、一番いいですね!

ブログなんかの更新用途にいいですよ、これ。

capture22240

こんな感じでブログの下書きに使ってます。

この記事もご覧のように、このX40で書いてます。

やはり文字打ちは、打ちやすいキーボードでやると効率が全然いいですね!はかどりますよ。

古いWindowsXP世代のパソコンでもまだ使える

たとえスペックが低く古いパソコンであっても、そのスペックに合ったLinuxをインストールすれば、まだまだ活用の道は残されてます。

本来、何でもこなせるのがパソコンなのかもしれませんが、今回のように敢えて何でもやろうとはせず、用途を絞ることで活きてくる場合もありますね。

特に、このThink Padシリーズのように「キーボード」が打ちやすいパソコンは、それだけでも「価値」を見いだせると思います。

【ThinkPad専門店 Be-Stock】

ちょっと「Linux」のことを知れば、捨ててしまってたであろうパソコンや、たった1600円ほどの出費で買えるパソコンを復活させることが出来るのは、やってみると非常に楽しいもんです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です