thinkpad x40にPuppy linuxをインストール!またもCFカード活用

往年の名機、thinkpad x40にPuppy linuxをインストールしてみました!

このX40は、IBMがLenovoに買収される前のノートパソコンで、その大きさ、キーボードの打ちやすさなどから今でもファンに愛されている名機です。

スポンサーリンク

その名機が1600円!こりゃ買うしかない!

いつものごとくフラッと立ち寄ったハードオフのジャンクコーナーに、このX40が、、、。

icon-check3-gハードディスクなし。

icon-check3-gBIOS起動OK。

icon-check3-gACアダプター付き。

icon-check3-g1600円

で陳列されていたので、とりあえず「確保」しておきました^^;

このX40は、ハードディスクが通常の2.5インチではなくマニアックな1.8インチのハードディスクを使っているのですが、これが遅くて使い物になりません。

で、これを以前nx4300の記事で書いたように、内蔵HDDをCFカード化してOSをインストールするのが数年前に流行りました。

最近では、SSDにするのが主流のようですが、SSDの余りなどありません。
それに私、実はCF-IDE変換ボードと8ギガのCFカードがもう1セット余っているので、それを使おうと思い購入しました。

購入したX40のスペックとインストールするLinux

さて、まずは購入したX40です。

KIMG0017

KIMG0018

いやあ、いいですね!この絶妙な大きさ、軽さ!
今だにファンが多いのもうなずけますなあ。

KIMG0019

キーボードもキレイです。

このX40は、CPUに様々なバリエーションがあるようですが、私が購入したX40は、、、、。

CPU PentiumM 1GHz

 メモリー 768MB

どうやら、最低限のスペックの機種みたいですね^^;

まあ、1600円ですから、仕方ありません。

このスペックから考えると、インストールするLinuxは出来るだけ軽いものを!ということで、

Puppy Linux

にしました!

そのPuppy Linuxも様々なバリエーションがあるのですが、その中でも比較的新しくて、「Ubuntu」がベースになっている、

Puppy Linux Precise-571JP

をインストールしました。

スポンサーリンク

このPuppy Linuxというのは、あまりにも軽いのでハードディスクにインストールせずUSBに入れて、そこから起動するという使い方が出来るのですが、

今回はハードディスクの代わりのCFカードにインストールしました。

KIMG0011

本来、ハードディスクはここにあります。
ネジ1本外すだけでアクセス出来ます。