Ubuntuでセキュリティソフトは必要か?!そもそもソフトはあるの?

Ubuntuでセキュリティソフトは果たして必要なのだろうか?

これ、結構「必要派」と「不必要派」で意見が分かれてますね。

で、実際のところどうなの?について考えてみました。

スポンサーリンク

パソコンって言ったらまず「セキュリティソフト」だろ?

私も2009年頃に、Linux、Ubuntuを初めて知り、使い始めた頃に

「あれ?そういやセキュリティソフトってないの?」

と、血眼になって探しました。

今となってはWindows10や7など、OS自体のセキュリティが向上
してきていますが、

その当時は、まだまだWindows XPが幅を効かせていました。

XPと言ったら、ウィルスの被害にかけては天下一品でしたからね。

で、探すとUbuntuの場合、あるにはあるのですが、
ファイルをスキャンするだけで、常駐して「リアルタイムガード」
してくれるセキュリティソフトがないことにビックリしました。

その状況は今もあまり変わりません。
しかし、それでも大丈夫なんです。

OSレベルでセキュリティが高い

Ubuntu、というかLinux全般に言えるのは、
OSレベルでセキュリティが高い、ということです。

Ubuntuを使っていると分かりますが、こまめにアップデートの
通知が来ます。

このアップデートをしっかりとやっていれば、かなり安全でしょう。

が、逆に言えばアップデートを怠っていると、ちょっと危険かも
しれないです。

OSレベルでセキュリティがしっかりしているとはいえ、
それはアップデートをちゃんと適用させていることが前提です。

アップデートは怠らないように!

スポンサーリンク

Linuxのシェアが少ない

ウィルスを制作するものにとって、感染する媒体が少ないと、
金銭的にも快楽的にも旨味がありません。

世の中のOSのシェアの90%近くがWindows、 その他数%がMac、Linuxに至っては1%しかありません。

ウィルスを仕掛ける側とすれば、
そんな数少ないユーザーを狙っても、全くつまらないでしょうね。

なのでLinux用のウィルスがほとんどない状態です。
ただ、全くないわけではないので気をつけましょう。

LinuxとWindowsでは、構造が違う

要するに世の中のウィルスの大半が、Windows用のもの
だったんです。

最近は、スマホの急速な発展により、AndroidやiOSなどの モバイルOS用のウィルスが増えてきてます。

Windows用のウィルスはLinuxには、ほぼ感染しません。

OSの構造が全く違うので、たとえ侵入したとしても、
悪さをすることが出来ません。

ただ、ファイルの受け渡しなどには、気をつけないと、
自分が感染していて発病はしていなくても、媒介者になってしまうことも
あるので気をつけないとダメですよ。

で、結論!!

結論として、、、。
Ubuntuでセキュリティソフトは、絶対に必要ではないけど、 あった方がいい

ですね。

前述のように、自分は発病してなくても、ウィルスの媒介者に
なってしまう恐れもあるので、
ウィルススキャンくらいはしておきたいところです。

そこで、Ubuntuのウィルススキャンソフトとして、
有名なのが、

icon-check3-gClamAV(コマンドラインで操作)

icon-check3-gClamTk、KlamAV(GUIで操作)

これらをインストールしておけば大丈夫です。

また、商用ソフトのLinux版もあります。

icon-check3-oAvira

icon-check3-oavast!

icon-check3-oAVG

などがありますが、どれもWindows版と違い、
「リアルタイムガード」機能はありません。

まあ、2009年からUbuntuを使ってて、

矢吹ジョーの如く、「ノーガード戦法」で壮絶な殴り合いを
してきた(あ、やましいサイトばかり巡ってきたって意味ではないです)
自分としては、

icon-finger1-bアップデートをしっかりやる。

icon-finger1-bファイアウォールを設定する。

これさえやっておけば大丈夫!

って、ところですね。

ちなみに「Windows」に関しては、Windows Vista以降、OSレベルでのセキュリティは向上したと言っても、ユーザー数の多さから、まだまだノーガードで打ち合いするには「危険」です。

「一生無料」で使えて、無料ウイルスソフトで「初」のフィッシング詐欺対策まで施されたコチラのソフトが断然オススメです。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です