URBANO L03にmineoのSIMカードを移してみたら快適だった

auの白ロムURBANO L03にmineoのnanoSIMカードを
移してみました。



私は、今までHTCの機種、HTL21をmineoのデュアルタイプで
使っていましたが、
それを先日購入したURBANO L03の白ロムに移しました。

スポンサーリンク

HTL21はmicroSIMカード、URBANO L03はnanoSIMカード

実は購入してから不安だったのですが、
mineoのSIMカードのサイズ、自分が契約したサイズは
何だったっけ?ってことだったんです。

今まで使っていたHTL21はmicroSIMカードですが、
今度のURBANO L03は更に小さいnanoSIMカードです。

ということは、もしやmicroSIMで契約してるんじゃ?
と、思ったんですよね。

ほら、SIMカードなんて一度挿したら抜き差しなんて
あまりしないし、忘れちゃいますよね^^;

で、恐る恐るHTL21からSIMカードを抜いてみると、、、、。

ちゃんとnanoSIMカードでした。

DSC_0150

こういったSIMアダプターをかませて使用してました。

SIMカードは「小は大を兼ねる」

SIMカードには、

icon-check3-g通常のSIMカード(大サイズ)

icon-check3-gmicroSIMカード(中サイズ)

icon-check3-gnanoSIMカード(小サイズ)

の3種類があって、新しい機種ほど、小さいnanoSIMカードに
移行してきています。

そしてSIMカードは、サイズに迷ったら、とりあえず小さいサイズを
契約した方がいいです。

小さいサイズなら、先ほどの「SIMアダプター」を使えば、
大きいサイズに適合させることが出来ますからね。

まさに「小は大を兼ねる」んです。

SDカードと一緒ですね!

HTL21はmicroSIMカードのサイズでしたが、先のことを見越して、
mineo契約時にキチンとセオリー通りに「nanoSIMカード」を
契約していた自分。

偉いぞ、俺!!(笑)

スポンサーリンク

実際にSIMカードを移動してみた

さて、まずはURBANO L03側の構造を見てみます。

DSC_0145

このようにSIMスロットは、2段に分かれています。

上段の白いプラスチックが刺さっているところがSIMスロットで、
下段の隙間のように見えるのがmicroSDスロットです。

DSC_0148

白いプラスチックを抜き、そこにこのようにSIMカードを
セットします。

そのまま上段のスロットに差し込みます。

DSC_0149

microSDはこの向きで下段に刺します。

簡単ですね!

各種設定をして完了!

SIMカードを移したら、mineoのネットワーク設定をします。
やり方は、mineoのページに非常に分かりやすく書いてますので、
迷わずに出来ると思います。

icon-check3-omineoのau端末対応表

icon-check3-oURBANO L03のネットワーク設定

あとは、mineo特有のアプリ、mineoで得するアプリの

icon-check3-gmineoスイッチ

icon-check3-gLaLa Call

をインストールして、必要ならばLineなどのアプリを
移して完了です。

スマホを白ロムで購入した場合などには、
こういったことを設定していくのも楽しみの一つです。
LaLa CallやLineを新端末に移行するときに、
認証でSMS(ショートメールサービス)が必要になりますが、

mineoならば、デュアルタイプはもちろん、
シングルタイプでも、申し込みするだけ(無料)で、
SMSが使えるのは非常に助かりますね!



簡単にSIMを移行出来て快適に使えてますよ(^^)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です