Ubuntuの軽量化はデスクトップ環境の変更とUbuntu Tweak!!

便利で高機能でしかも無料のOS、Ubuntu。

もともと軽量化されたOSでしたが、時代と共に高機能化してきました。

それに伴い、Ubuntuも徐々に重くなってきたのですが、
軽量化して使うには、デスクトップ環境の変更と、
「Ubuntu Tweak」を使いましょう!

スポンサーリンク

通常のUbuntuのデスクトップ環境は「Unity」

Unityは、高機能で見た目もオシャレかもしれませんが、
その分、パソコン側のスペックもそれなりに高くないと、
重くて遅いです。

古い世代のパソコンには、向いてないですね。

そこで、Ubuntuの軽量化のためには、
まず、そのUnityを他のデスクトップ環境に変えてしまえば
いいんです。

代表的な軽量デスクトップ環境は、

icon-check3-rXfce

icon-check3-rLXDE

ですね。

さらなる軽量デスクトップ環境も存在しますが、
Windowsとさほど変わらず、使いやすさも考慮すると、
この2つが軽量化と使い勝手のバランスが取れています。

LXDEの方が、より軽いです。

ソフトウェアセンターから、

icon-check1-rXfceは、「Xfce4」

icon-check1-rLXDEは、「LXDE」

と、それぞれ検索すれば、パッケージをインストールできますよ(^^)

また、最初から高機能な「Unity」を使わずに、
「Xfce」や「LXDE」などを採用して軽量化された、
Ubuntuの派生バージョンもありますので、
それらをインストールするのもいいですよ。

詳しくは、この記事この記事を参照してくださいね!

キャッシュ削除などの軽量化を行なう「Ubuntu Tweak」

デスクトップ環境とは別に、
使い続けるうちに溜まってくる「キャッシュ」や「不要なパッケージ」
などを一括削除して、システムをクリーンアップして、
「軽量化」するには、これです。

「Ubuntu Tweak」

Windowsで言うところの、有名フリーソフトの
「CCleaner」や「Glary Utilities」みたいな感じです。

Ubuntu tweakは、本来は、デスクトップの各種カスタマイズを
するためのソフトなんですが、その中に入っている機能の
「janitor」が非常に秀逸なんです。

スポンサーリンク

「Ubuntu Tweak」のインストール方法

2つの方法がありますが、どちらも超簡単です。

icon-check-b-b 1,端末からインストール。

「端末(ターミナル)」を起動し、以下を1行ずつコピペ&エンターキーを
押していくだけです。

sudo add-apt-repository ppa:tualatrix/ppa
sudo apt-get update
sudo apt-get install ubuntu-tweak

icon-check-b-b 2,ネットからdebファイルをダウンロードしてインストール。

ここにアクセスして、
「Ubuntu Tweak」のdebファイルをダウンロードしてください。

ダウンロードしたファイルを「右クリック」して、
「gdebiパッケージインストーラー」を選択してインストール
してください。

「gdebiパッケージインストーラー」の使い方は、
過去記事を見てください。

早速「Ubuntu Tweak」を使ってみよう!

まずは、Ubuntu Tweakを起動します。

範囲を選択_063

真ん中の右側に「Janitorを起動」とありますので、
クリックします。

範囲を選択_064
左側にある項目に全てチェックを入れていくと、
関連する項目が真ん中のウインドウに並んでいきますので、
さらに真ん中の項目にもチェックを入れていってくだい。
(要するに全てにチェックを入れる)

そして、右下にある「消去」をクリックしてください。

パスワードが要求されますので、入れてください。

範囲を選択_065

途中、更にパスワードが要求されることもありますので、
入力してくださいね。

しばらく待っていると、、、、。

範囲を選択_066

全てを消し去ってくれて、この画面が出て終了です。

パソコンの中身がキレイになって、動作も軽くなって
気持ちいいですね(^^)

また、本来的な使い方である、デスクトップのカスタマイズも
できるので、無茶苦茶便利です。

Ubuntu系のLinuxをインストールしたら、もはや
インストール必須のソフトですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です