無料Linux OSのUbuntuを始めよう!パソコンの準備とインストール

不要になったパソコンに無料のOS、Linuxを入れて再生しよう!

ということで、Linuxの中でも非常に使いやすく人気のディストリビューションの「Ubuntu」のパソコンへのインストールの仕方です。

今回は、Ubuntuの軽量版でインストールしてますが、「Ubuntu系」のインストール方法は、基本的にどれも一緒です。

スポンサーリンク

まずはインストールするパソコンの準備

今やどの家庭にも、使わなくなった古いパソコンが余っているのではないでしょうか?

特に買い替えなどで、サポートの切れたWindows XPや、間もなくサポートの終了するWindows Vistaが入ったパソコンを持っているが、処分できずに放置しているパターンは結構多いと思います。

そういった人は、それらのパソコンをUbuntuに入れ替えて再生すればいいと思いますが、ない人は、激安で手に入れちゃいましょう

いわゆる「ジャンク品」を激安で入手すると、非常に安価で購入することが出来ます。

主な入手先は、ハードオフやネット販売になります。

また、自作をして、それにUbuntuを入れてもいいでしょう。

自作のメリットは、なんといってもパーツごとに部品を変更出来るし、好みのパソコンを作ることも出来ますからね。

また、中古やジャンク品なんて使いたくない!新品のパソコンでUbuntuを試したいんじゃ!
という猛者にはこちら。

「BTOパソコン」と呼ばれるものですが、新品で「OSなし」を選ぶことが出来ます。


こういったものを活用するのも賢いですね。

実際にインストールしてみる

スポンサーリンク

パソコンの用意が出来たら、実際にインストールしてみましょう。

パソコンにWindows環境が残っていて、それと併用してUbuntuをインストールする方法(デュアルブート)もありますが、設定も複雑になるため、ここでは触れません。

まずは、こちらを参考にインストールメディアを作成します。

CDやDVDではなく、USBメモリでも作れます。

インストールメディアが出来たら、パソコン側の設定をします。

最後に実際にインストールして完了です。

やってみると非常に簡単ですね。

パソコンのスペックに応じて「OS」を選べるのがLinuxのメリット!

さて、実際にパソコンに「Ubuntu」がインストールされました。

はやる気持ちを抑え、まずはこれをやっておきましょう!

LinuxやUbuntuの良さは、無料で使える上に、パソコンのスペックに合わせたディストリビューションを「選べる」ことにあります。

「Linux」ディストリビューションの数は、それこそ無数にあります。

初心者でも分かりやすい「Ubuntu系」のディストリビューションに限っても、たくさん選べます。

いろいろなディストリビューションを試してみて、自分に合ったものを探すだけでも楽しいです。

ぜひ、いろいろ試してみてください!

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。