古いパソコンにアンドロイド?!Android X86さらにRemix OSをインストール

使わなくなった古いパソコンの再生にスマホ用のOS「アンドロイド」をインストールする、という選択肢はどうよ?

ということで、パソコンにインストールするために最適化された「Android X86」と、その改良版である「Remix OS」を旧世代のパソコンにインストールして再生してみましたよ。

スポンサーリンク

「古いパソコンの再生」に新しいカタチの誕生

古いパソコンの復活・再生といえば、これまでは「Linux」がド定番でした。

と、この数年間で新たな「選択肢」が登場しました。

それが、今や世界のモバイルOS市場でナンバー1の座にまで上り詰めたGoogleのモバイルOSの「Android」です。

そのAndroidには、パソコンにインストールするために開発された「Android X86」というプロジェクトがあります。

早速、ジャンクノートパソコンのDELLのVOSTRO1000という機種で試してみました!

当初は最新版のAndroid 6.0を試そうと思ったのですが、VOSTRO1000では動作しなかったので、やむなくAndroid 4.4のバージョンでインストール!

無事に完了して、実際に動かしてみたものの、、、、。

う〜ん、、、。

結構、微妙なバグがあり、常用は難しい感じ。

とはいえ、古いパソコンに「インストール」出来て、きっちり動かすことが出来たのは単純にスゴく新鮮で驚きました。

実際に他のパソコンでも「Android X86」をインストールを試みて、思ったことは、、、、。

インストール出来ても動作するパソコンは結構シビアである

ということ。

このあたりは「Chromium OS」に近いものがあるな、と思いました。

「Android X86」の進化版「Remix OS」の登場!

スポンサーリンク

ここ最近になって、新たな「Android X86」が登場しました。

その名も「Remix OS」です。

こいつの素晴らしいところは「Android X86」に比べて、

icon-check3-gよりインストール出来るパソコンが多い

icon-check3-gよりパソコンでの操作に違和感がない

といったところです。

一言で言えば、

よりパソコンへの対応力が優れている

ところですね。

実際に富士通のジャンクノートのMG75Yの内蔵HDDにインストールを試みました。

全く問題もなく、インストール完了!

使い勝手もかなりいいです。

そして、Androidならではの「豊富なアプリ」を使った様々な遊び方や、パソコンならではの使い方が出来るのも面白いです。

要は「Android」と「パソコン」のいいとこ取りですね。

「パソコン」のように「USB-DAC」などを使って「PCオーディオ」として楽しんだりも出来ます。

また、「Android」的に「アプリ」を使って、こんなことも出来ます。

これは「Linux」以外に、とても面白い「古いパソコンの再生法」が出てきたなあ、と驚きました。

さらに進化した「Remix OS」の最新版3.0が登場!

驚いてる場合じゃなかったです。

そうこうしているうちに、さらに進化を遂げた「Remix OS 3.0」が登場しました。

早速購入したばかりのジャンクなデスクトップのCE50X9にインストールしてみました。
(単純にデスクトップ機にもインストール出来る対応力がスゴイです。)

Remix OS 2.0でも、かなり使えるOSでしたが、3.0になりさらに進化を遂げています。

とにかく、「使いやすさ」が大幅にアップしていますよ、これは。

今からインストールを試すなら、断然「Remix OS 3.0」一択です。

記事には書いていませんが、「Android X86」の6.0が起動しなかったDELLのVOSTRO1000でも全く問題なくインストール出来、起動して使えました。
まとめ

Windows Vistaなどサポート期限間近なパソコンの存在により、今後、ますます増えてくるだろう「不要なパソコン」、「使わなくなったパソコン」の復活・再生・活用に「Linux」以外に「Android」も加わるのは、とてもワクワクします。

使ってみると、Google Playも使えるので、アプリをいろいろ試すことが単純にとても面白いです。

ちなみに、ここで紹介している「インストール方法」なら、パソコンの内蔵HDDをまるまる使ってクリーンインストールするので、容量を気にせず、大量に「アプリ」を入れて楽しむことが出来ます。

余ったパソコンがあるならば、ぜひ試してみてくださいね!

スポンサーリンク

 

コメントは受け付けていません。